エン婚活エージェントとパートナーエージェントの違い|サービス内容や料金などを比較!

【期間限定】エン婚活エージェントが10,780円お得に!
入手
  • 登録料10,780円が無料
  • 2023年1月30日(月)までに登録した方が対象

10,780円お得!

スマホがあればいつでもどこでも婚活可能!
今だけ、登録料10,780円が無料で始められる!

キャンペーン終了まで、残り

エン婚活エージェントとパートナーエージェントは、どちらも有名な結婚相談所ですが、どのような違いがあるか分からない人も多いでしょう。

そこで、この記事では2つの結婚相談所の違いやそれぞれに向いている人を解説します。

首藤
どちらで活動すべきか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

名前形態登録料月会費成婚料男性年齢層女性年齢層特徴総合評価口コミ平均リンク
スマリッジ
オンライン結婚相談所
6,600円
9,900円
無料
20代~50代
20代~50代
  • 多数のオプションプランから自由に選択、オーダーメイド婚活で効率よく出会える。
  • 独身証明書提出100%だからこそ、既婚者やサクラの心配は一切なし。
91点
3.4点
エン婚活エージェント
オンライン結婚相談所
10,780円
14,300円
無料
30代~40代
30代~40代
  • 大手求人会社エン・ジャパンが手がける、完全オンライン型の結婚相談所。
  • 登録料と月会費のみで活動可能、追加料金は一切なし。
90点
3.1点
ナコード
オンライン結婚相談所
29,800円
14,600円
無料
20代~50代
20代~50代
  • 大手結婚相談所の約1/3の費用で活動できる、低価格な婚活サイト。
  • 毎月30名にお見合い申込可能、お見合いの申受は無制限。
87点
3.6点
首藤 こず恵
執筆者
M2W編集長

20代後半女性。結婚相談所サンマリエへの勤務経験を持つ。男女問わず数々の婚活の悩みを聞き、アドバイスをした経験から婚活全体の情報を婚活者側・運営側の両方の目線で発信中。

M2Wの記事は専門家の意見や利用者のインタビュー等をもとに、独自で作成しています。企業様より広告を出稿いただく場合もありますが、商品やサービスの評価やランキング、掲載内容に影響を及ぼすことはございません。
詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご確認ください。

エン婚活エージェントの特徴

エン婚活エージェントの画像1
エン婚活エージェントの画像2
エン婚活エージェントの画像3
エン婚活エージェントの画像4
エン婚活エージェントの画像5
エン婚活エージェントの画像6
エン婚活エージェント
エン婚活エージェント
種別
オンライン結婚相談所
紹介形態
データマッチング型
会員数
3万人以上
年齢層
30代~40代
提携先
コネクトシップ
登録料/入会金
10,780円
基本月額料金
14,300円
お見合い料
無料
成婚料
無料
総活動費
182,380円 ※1年間活動した場合、成婚料含む。
オプションプラン
なし
返金保証制度
あり
入会資格
男性20歳~60歳、女性20歳~55歳、男性は定職に就いていること
対応エリア
北海道、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、福岡
男女比
男性49%
女性51%
運営会社
休会制度
あり
登録方法
オンライン
証明書提出
あり(本人証明書・独身証明書・年収証明書・学歴証明書)
サポート範囲
真剣交際まで
キャンペーン
更新日:

エン婚活エージェントは、登録から成婚退会まで全てオンラインで完結できる「オンライン完結型の結婚相談所」。

スマホ一つあれば、紹介やお相手の検索・お見合いの日程調整などを全て行うことができます。

また、サポートも全てチャットまたはビデオ通話で行うため、効率よく婚活が可能です。

パートナーエージェントの特徴

パートナーエージェントの画像1
パートナーエージェントの画像2
パートナーエージェントの画像3
パートナーエージェントの画像4
パートナーエージェントの画像5
パートナーエージェントの画像6
パートナーエージェント
パートナーエージェント
種別
結婚相談所
紹介形態
ハイブリッド型
会員数
5万5,000人以上
年齢層
30代~50代
提携先
コネクトシップ
登録料/入会金
33,000円
基本月額料金
14,300円~
お見合い料
無料
成婚料
55,000円
総活動費
292,600円 ※最安値プランでお見合いを月5回行った場合、成婚料含む
オプションプラン
あり
返金保証制度
なし
入会資格
男性:22歳~64歳、女性:20歳~54歳、男性は定職に付いていること(フリーランス・個人事業主は可)
対応エリア
北海道、宮城、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、福岡
男女比
男性44%
女性56%
運営会社
株式会社パートナーエージェント
休会制度
あり
登録方法
店舗
証明書提出
あり(身分証明書・独身証明書・収入証明書・学歴証明書・資格証明書)
サポート範囲
真剣交際まで
更新日:

パートナーエージェントは、全国に23店舗あり、実際に店舗へ行って登録やサポートを受けたり、電話やメール等で相談ができたりする「店舗型の結婚相談所」です。

成婚コンシェルジュと対面で、婚活スケジュールを立てたり、相談することができます。

従来の結婚相談所のスタイルでありながら、AIを使った紹介・サポートも行ってくれるため、最先端の婚活をすることができます。

エン婚活エージェントとパートナーエージェントの共通点

エン婚活エージェントとパートナーエージェントの共通点は、2つあります。

  1. コネクトシップに加入している
  2. アドバイザーが付いている

それぞれ詳しく紹介します。

1.コネクトシップに加入している

「コネクトシップ」とは、結婚相談所間での会員相互紹介プラットフォームを意味します。

ここに加盟している結婚相談所であれば、お互いの会員を紹介し合うことができます。

このコネクトシップは、パートナーエージェントを運営するタメニー株式会社が運営しており、そこにエン婚活エージェントも加盟しています。

つまり、どちらで活動してもお互いの会員と出会うことができるのです。

首藤
出会える会員の質は同じでも、「サポート内容」がそれぞれ異なります。

2.アドバイザーが付いている

どちらも専任のアドバイザーが付いて活動のサポートをしてくれます。

ただし、エン婚活エージェントはメールやビデオ通話などのオンラインのみ、パートナーエージェントはメールまたは対面となっています。

もちろん、アドバイスの内容はそれぞれ異なりますが、いつでも相談できる心強いパートナーがいることは、どちらも変わりありません。

首藤
アドバイザーの呼び名は異なりますが、経験豊富なスタッフがサポートしてくれますよ。

エン婚活エージェントとパートナーエージェントの相違点

エン婚活エージェントとパートナーエージェントの違いを4項目で比較しました。

紹介・検索方法

エン婚活エージェントとパートナーエージェントの紹介・検索方法はこちらです。

エン婚活エージェントパートナーエージェント
紹介データマッチングコンシェルジュからの紹介
AIマッチング
データマッチング
紹介人数6名/月2名〜/月
検索コネクトシップ利用コネクトシップ利用
検索申込人数10名/月3名〜/月

エン婚活エージェントは基本的にシステムを利用した出会いとなり、パートナーエージェントはシステムと人の手による2つの方法で出会うことができます。

システムによる紹介のメリットは、希望条件に合った人を遅延なく紹介してくれて効率よく出会えることです。

対して、人の手による紹介のメリットは、データでは分からない人柄を考慮して出会えること。

効率も人柄もどちらも大切ですが、機械的であったり、希望条件とは違うような人が紹介されたりと、それぞれにデメリットもあります。

首藤
自分で検索して出会えるお相手は同じなので、紹介方法で比較するといいです。

料金

それぞれの料金はこちらです。

▼エン婚活エージェントの料金

登録料10,780
月額費用14,300
お見合い料無料
成婚料無料

▼パートナーエージェントの料金

コース入会金初期費用月会費お見合い料成婚料
コンシェルジュライトコース33,000円33,000円12,100円〜0円55,000円
コンシェルジュコース33,000円104,500円15,400円〜0円55,000円
エグゼクティブコース33,000円198,000円〜28,600円〜0円55,000円

エン婚活エージェントは、男女ともに一律のワンプランであり、登録料と月会費のみ、一切費用はかかりません。

対して、パートナーエジェントはエリアやプランによって料金が異なり、パートナーエージェントが主催する婚活パーティーに参加した際は別途費用が発生します。

料金は、パートナーエージェントの方が高いですが、それだけ手厚いサポートを受けることができます。

しかし、エン婚活エージェントでも相談に対してはしっかりアドバイスをくれるため、料金の安さで選ぶのではなく、サービス・サポート内容で選ぶようにしましょう。

サポート内容

エン婚活エージェントとパートナーエージェントのサポートの仕方の違いをまとめました。

エン婚活エージェントパートナーエージェント
サポートの仕方メール
電話
ビデオ通話
オンライン
メール
電話
対面
バックアップ体制独自メソッド「フィッティング3C」PDCAサイクルに基づいた振り返り
マンツーマンとチームサポート
サポート範囲婚約・プロポーズまで婚約・プロポーズまで
※入籍後のサポートもあり

2つのサポート内容の大きな違いは、オンラインか対面かです。

効率を重視するならオンライン、サポートの充実さを重視するなら対面がおすすめとなります。

また、どちらも入籍までサポートしてくれますが、パートナーエージェントでは入籍後の結婚式のサポートも希望すれば手厚く行ってくれます。

首藤
どちらも、独自に積み上げた実績・経験をもとにアドバイスをしてくれます。

店舗数

エン婚活エージェントの店舗数は1店舗のみで、新宿店が本社となります。

一方、パートナーエージェントの店舗数は全国各地に23店舗あります。

北海道札幌
東北仙台
関東横浜、大宮、船橋、高崎、水戸
東京新宿、西新宿、銀座、池袋、上野、丸の内
中部名古屋、岡崎、静岡、浜松
関西大阪、京都、神戸、姫路
中国広島
九州福岡、北九州

パートナーエージェントで活動する際は、最寄りの店舗へ行って無料相談を受けてから入会手続きを行います。

エン婚活エージェントは、外出することなく、スマホやパソコンから入会手続きが可能です。

首藤
エン婚活エージェントも、入会前の無料オンライン相談を受けることができます。

エン婚活エージェントとパートナーエージェントは結局どちらがおすすめ?

ここまで読んで「結局エン婚活エージェントとパートナーエージェント、どっちがおすすめなの?」と思う方もいるはず。

それぞれに向いている人の特徴を解説しています。

首藤
どちらに当てはまるか考えながら確認していきましょう。

エン婚活エージェントが向いている人

エン婚活エージェントに向いている人

  • スマホ一つオンラインで婚活したい
  • データマッチングで効率よく出会いたい
  • 忙しくて店舗に通えない
  • 婚活をしているのを周囲にバレたくない

エン婚活エージェントの最大の特徴は、オンラインで婚活できることです。

忙しい時間の合間で気軽に効率的よく婚活したい人には、エン婚活エージェントが向いていると言えるでしょう。

また、近くに結婚相談所の店舗がない人にもエン婚活エージェントはおすすめ。

スマホで登録できるので、地方で婚活する場合も利用できます。

首藤
「誰かに結婚相談所へ入っている所を見られた!」という心配もありませんよ!

パートナーエージェントが向いている人

パートナーエージェントが向いている人

  • コンシェルジュによる生の声を介して相手を紹介してほしい
  • 直接対面で相談しながら活動したい
  • データマッチングよりもお見合いで対面で出会いたい

パートナーエージェントはコンシェルジュの手作業によって婚活をサポートしてもらえるというのが、最大の特徴。

オンラインよりも対面で相談し、出会いたいと思う人にとっておきの結婚相談所です。

ハイスペック向けのプランもあり、さらに手厚いサポートを受けることができます。

地域によって料金が異なるので、近くの店舗へ行って相談してみましょう。

首藤
昔ながらのサポート方法でありながら、最新のシステムを使って婚活ができますよ!

まとめ

この記事のまとめ

  • 料金は、エン婚活エージェントの方が安い。
  • どちらもコネクトシップに加盟しており、出会えるお相手の質は同じ。
  • 手厚くサポートしてくれるのは、パートナーエージェント。
  • 気軽にスマホで婚活したい人はエン婚活エージェント向き。
  • アドバイザーと直接対面で相談し、活動したい人はパートナーエジェント向き。

効率重視で活動したいならエン婚活エージェント、サポート重視で選ぶならパートナーエージェントがおすすめです。

どちらも優れた結婚相談所ですが、サポート体制の違いにより、料金は大きく異なります。

しかし、料金だけで結婚相談所を選ぶのは危険です。

結婚相談所選びで失敗しないためにも、入会前に無料相談を受けてみましょう。

首藤
それぞれの無料相談・入会の申し込みはこちら↓