寂しがり屋をどうにか克服したい!|原因を知って対策しよう!

寂しさのあまり”誰かと一緒にいたい”と手当たり次第友達に連絡してしまうことありませんか?

「こんな感情私だけなの?」と、たまに疑問に思うことありますよね。

『どうにか克服して、一人を満喫してみたい!』

と感じる人に向けて、寂しがり屋の原因と対策を紹介していきまます。

寂しい時期も乗り越え、マッチングアプリで知り合った彼と結婚した私が解説していきます。

あやみ
さっそく原因から見ていきましょう。

名前目的男性料金女性料金男性年齢層女性年齢層特徴総合評価口コミ平均リンク
ペアーズ
恋活
婚活
3,590円~
無料
20代~30代
20代~30代
  • マッチングアプリ利用率No,1。
  • 「コミュニティ」なら共通点や趣味で相手を探せる。
92点
3.4点
with
恋活
3,600円~
無料
20代
20代
  • マッチングアプリ満足度No1。
  • 心理学を用いた独自の心理テスト、性格診断から相性がいい相手を探せる。
89点
3.3点
マリッシュ
婚活
再婚活
3,400円~
無料
30代~40代
30代~40代
  • シンパパ・シンママ・バツイチの再婚に特化している。
  • 保険会社とコラボしたシンママ応援(所得保証)がある。
87点
3点
この記事を書いた人
あやみ

アラサー美容師。20代は仕事漬けの毎日で出会いも婚期も逃す。このままでは結婚難民になると周りに言われ焦って29歳から婚活。出会いを求めコミュニティー参加や婚活パーティー、結婚相談所に登録。出来る事は片っ端から始め約半年でめでたく結婚出産を経験。

寂しがり屋の特徴と原因

スマホを持ち考える女性

寂しがり屋の人は、共通する点がいくつかあります。

その特徴に当てはまる人は、一般的に寂しがり屋と言われる人達です。

自覚はしていたけれど、”やっぱりそうなんだ…”と思ってしまう人もいるかもしれません。

ですが寂しがり屋を脱するために、原因を知ることは必ず必要なことなのです。

しっかり受け入れ、対策を実践し寂しがり屋を克服しましょう。

あやみ
では共通する特徴を見ていきます。

一人行動が苦手

寂しがり屋の人は、出かける場合必ずと言って良い程、誰かを誘います。

『一緒についてきてくれない?』

というのが口癖になっているでしょう。

ちょっとした用でも、一人で行く勇気がなく常に誰かを誘ってしまうのです。

寂しがり屋の人は、とにかく一人行動が苦手で、些細なことでも誰かを誘ってしまう傾向があります。

常にスマホを気にしている

友達といるときでも、ご飯を食べている時でも、常にスマホを気にしている人が多いです。

”だれかから連絡きていないかな?”

と思い携帯と睨めっこ。

一緒にいるのに、携帯ばかり見てしまうと相手は気分が悪いものです。

ですが寂しがり屋の人は、癖で誰といようが見てしまうのです。

恋人ができると依存する

一度恋人ができると、周りが見えなくなり、恋人中心の生活になってしまいます。

本人にとっては安心できる場ができたと思い、依存しやすくなってしまうため。

ですが、これはとても危険です。

常に恋人優先になってしまうと、もし別れたとき、寂しがり屋を加速してしまう可能性があるからです。

寂しがり屋の人は、心の傷が深くなってしまい、引きずりやすいのです。

ですので、なるべく相手に依存し過ぎるのはやめましょう。

愛されたい感が強く自分勝手になりがち

愛されたいという気持ちだけが強くなってしまう人が多いです。

相手には何も尽くしていないのに、自分は本当に愛されているのかばかり気になってしまうのです。

考え方も基本的に自分のことしか考えておらず、愛想をつかれてしまうケースも。

思い返してみると、自分勝手な行動が多かったなと気づくはずです。

寂しがり屋の原因

スマートフォンを見る女性22次は寂しがり屋の根本的な原因に、注目していきましょう。

原因が分かれば、克服できるチャンスがあります。

今までは気づかなかったけれど、”実際そうかもしれない”と感じた人は、受け入れることも大切です。

今後のために原因をしっかり探りましょう。

あやみ
原因を知り寂しがり屋を克服しましょう

幼少期の過ごし方

実は寂しがり屋の人は、小さい時にどう過ごしたかが大きく関係しているのです。

”あまり親との思い出がない”

”過保護なくらいべったりしていた”

など、内容は違うけれど親が関係していることがとても多いのです。

幼少期にどう過ごすかによって、性格なども変わってきます。

あやみ
次は具体的な例を出していきましょう。

家庭環境

寂しがり屋の人が、どんな家庭で過ごしたか例を出していきます。

  1. 両親が共働きで、家に居ないことが多かった
  2. 兄弟が多く、構ってもらえなかった
  3. 片親で育ち一人で過ごすことが多かった
  4. しつけが厳しく両親の目ばかり気にしていた
  5. 生活や行動全て親の指示で過ごしていた

こう見てみると、色々なパターンがありますよね。

両親が忙しく、あまり一緒に過ごした思い出がない人。

親に気を遣いすぎていた人。

逆に過保護で育った人。

よく思い返してみると、この例のどれかに当てはまるという人が多いでしょう。

原因はこういった幼少期の家庭環境が大きく関わっているのです。

寂しがり屋のきっかけは、ここからなのかと受け入れるだけでも克服できるチャンスなのです。

あやみ
私の場合は過保護のパターンでしたが、一人暮らしのおかげで克服出来ました

寂しがり屋をやめる方法を解説!

寂しがり屋は、今からでも十分卒業できます。

原因が分かったおかげで、過去の自分を受け入れ新たなスタートができるからです。

今までは、寂しいから誰かと過ごそうというマインドでしたよね。

過去は過去と気持ちの整理をし、今後は一人の時間も楽しく過ごすことを意識しましょう。

そのために、寂しがり屋をやめる方法を解説していきます。

あやみ
一つずつ分かりやすいように解説していきますね

愛されたいならまずは相手を愛そう

恋人に愛してほしいのであれば、まずは相手に好きな気持ちを素直に伝えましょう。

そうすると、相手もあなたの気持ちの答えようと行動してくれます。

きっと今までは、愛されることばかりに注目していたはず。

好き同士でも、一方通行では長く続きません。

本気になって欲しいのであれば、まずはあなたから愛を与えるように行動してみましょう。

お手本にしたい人のマネをしてみる

プラス思考の考え方の人や、行動力のある人をマネしてみましょう。

周りの友達や職場などで、常に前向きでネガティブな発言は一切しない人っていますよね。

そういった人の行動をマネしてみましょう。

身近に居ない人は、SNSなど使ってお手本にしたい人を探すのもあり。

言霊という言葉があるので、なるべくネガティブな発言は避けてください。

”楽しい”や”嬉しい”などの言葉をなるべく発するように意識して欲しいです。

寂しいと思う暇がないくらい働く

寂しいと思う時間がないくらい、とにかく働いてみましょう。

暇な時間があると、人は寂しいと感じてしまう時間が多くなるため。

シフトをビッチり入れてもらったり、定時の人は副業など始めてみるのもおすすめです。

ここで注意なのは、友達と会って暇な時間を埋めるのはやめましょう。

また同じことの繰り返しになるため。

暇な時間を有効活用し、どうせならお給料として返ってきた方が嬉しいですよね。

ですので忙しく働くのもおすすめです。

無理に変わろうとしない

行動してもなぜかもっと寂しくなるという人は、無理に変わらなくても大丈夫です。

きっと今は、行動すべきタイミングではないのかもしれません。

そういった場合は、一度原点に戻り寂しがり屋の原因を探ってみましょう。

原因を知り、受け入れてから、行動した方がすんなり抜け出せたりするものです。

無理はしないように、少しずつ自分のペースで行動に移していきましょう。

寂しがり屋ならマッチングアプリで出会いを増やそう!

それでもやはり、相談相手くらい居てほしいですよね。

そんな時は、マッチングアプリを使って出会いを増やしましょう。

マッチングするのは、恋人候補だけではないのです。

話し相手やはお食事に行く相手など、友達も見つけることができます。

自分の目的に合わせて出会いを増やしましょう。

人気マッチングアプリおすすめ比較26選|ユーザー1,000人が選んだ優良アプリランキング【7月最新】
人気マッチングアプリおすすめ比較26選|ユーザー1,000人が選んだ優良アプリランキング【7月最新】

まとめ

この記事のまとめ

  • 寂しがり屋を克服するためにはまず原因を知ろう
  • 必要とされたいのであれば、まずは自分から行動しよう
  • どうしても寂しくなった時はマッチングアプリで話し相手を見つけよう

今回紹介した対策を実践すれば、きっとあなたも寂しがり屋を克服できるでしょう。

あまり”寂しい”などネガティブなことは、口に出しても良いことはないのです。

どうせなら気分が上がる楽しいワードを声に出していきましょう!

そうすることにより、寂しいという感情を忘れてしまうものです。

目の前にある楽しみを、どんどん見つけていきましょう。

あやみ
ポジティブになればきっと人生も変わります。

寂しい

この記事の監修者

30代前半女性。結婚相談所サンマリエへの勤務経験を持つ。男女問わず数々の婚活の悩みを聞き、アドバイスをした経験から婚活全体の情報を婚活者側・運営側の両方の目線で発信中。