結婚の決め手は何?結婚に迷う時に確認すべきポイントとは

今のパートナーとこのまま結婚するかどうか。

結婚は、今後の人生に影響の大きい重要なイベントです。

お付き合いの期間が長くても、短くても、結婚の決め手となるものが見つからずに迷ってしまう人はたくさんいます。

今回は、結婚を決意する時の決め手について紹介します。

白田なお
男女別のエピソードや、結婚する前に確認したいポイントも解説していきますので、結婚の決め手が分からず悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

名前目的男性料金女性料金男性年齢層女性年齢層特徴総合評価口コミ平均リンク
ペアーズ
恋活
婚活
3,590円~
無料
20代~30代
20代~30代
  • マッチングアプリ利用率No,1。
  • 「コミュニティ」なら共通点や趣味で相手を探せる。
92点
3.4点
タップル
デート
恋活
3,700円~
無料
20代
20代
  • 毎月10,000人以上のカップルが誕生。
  • 理想のデートプランでマッチングできる。
89点
3.2点
with
恋活
3,600円~
無料
20代
20代
  • マッチングアプリ満足度No1。
  • 心理学を用いた独自の心理テスト、性格診断から相性がいい相手を探せる。
87点
3.3点
この記事を書いた人
白田なお

30代前半の会社員。ブラック企業時代はがむしゃらに恋活していたが、どれも長続きせず。今は転職を機に、ワークライフバランスを取りつつマイペースな婚活を再開。

結婚の決め手は何?結婚を決意するタイミングは?

スマホを持ち考える女性

みんなが結婚を決意するのはどのようなタイミングなのでしょうか。

結婚は人生における重大な決断の一つです。

白田なお
どのような時に結婚を決めるのか、その傾向を見ていきましょう。

結婚適齢期を意識した時

結婚を決めるキーワードの一つは、やはり年齢です。

結婚適齢期は一般的に30歳前後と言われています。

そのため、30歳の節目を意識して結婚に踏み切るカップルは多いようです。

周囲の結婚ラッシュが、ちょうど30歳前後という人も少なくないでしょう。

周りの友人が結婚していく中で、自分も結婚を意識するようになるのです。

結婚適齢期について詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

結婚適齢はいつ?適齢期で結婚することのメリットとデメリットを解説
結婚適齢はいつ?適齢期で結婚することのメリットとデメリットを解説
周囲の人がどんどん結婚していくと、「自分もそろそろ結婚した方がいいのかな」と不安になってしまいますよね。 特に、20代後半になってくると「早…

結婚の決め手を確信した時

結婚するかどうかは、年齢だけで決断できるものでもありません。

どの年代であっても、結婚へと踏み切る理由は人それぞれ。

今のパートナーとずっと一緒にいたい。

この先の人生も、この人と一緒に過ごしていきたい。

白田なお
そうした結婚の決め手を確信した時も、多くの人が結婚へと踏み切るタイミングです。

結婚の決め手となるポイント【男女共通】

結婚式

では、結婚の決め手とは具体的にどのようなものでしょうか。

白田なお
みんなが結婚を決意した時のエピソードを紹介します。

価値観が近いこと

これから先の人生を、ずっと一緒に過ごしていく。

そう考えた時に最重要視されるのは、やはり価値観のようです。

価値観が違っても、対話によってある程度すり合わせることは可能です。

しかし、あまりにも価値観が違い過ぎると、ケンカや意見の衝突が日常茶飯事になってしまう可能性があります。

日頃の何気ないできごとであっても、その人の価値観や考え方を知ることはできます。

白田なお
結婚するのであれば価値観の近いパートナーがいい、という人は多いようです。

一緒にいて楽しいと思えた

パートナーと一緒にいると笑顔になれる。

楽しい時間を共有できる。

そう実感できたことが、結婚の決め手となる場合もあります。

笑いのツボが同じだったり、同じ趣味を楽しめたり。

この人だったら、これから先もたくさん笑顔になれそう。

白田なお
そう感じた瞬間に、結婚を決意したという人もいます。

金銭感覚が合っていること

夫婦で共同生活を送るとなると、生活費は共通のお財布で管理する場合がほとんど。

金銭感覚のズレが大きいと、毎日の結婚生活に大きなストレスがかかります。

パートナーと金銭感覚が合っていると感じた時に、『この人となら結婚しても大丈夫かな』と思う人も多いのだとか。

白田なお
無茶なお金の使い方をしない相手であれば、安心して共同生活を送れそうですね。

自分の親も大切にしてくれた

恋人である自分のことだけでなく、自分の両親も大切に扱ってくれた。

そうした言動を目にしたことが、結婚の決め手となった人もいます。

結婚すると当人同士だけでなく、お互いの親族との交流も広がります。

年間行事や子どものイベントなど、さまざまな機会で顔を合わせることになりますね。

そうした時に、親との関係性が良好なパートナーだと安心できます。

白田なお
親のことを大切にしてくれるパートナーであれば、家庭のことも大事にしてくれそうですよね。

ケンカをした時の態度

ケンカや口論になった時は、どんな人でも余裕がなくなるものです。

そうした時に、感情的になったり言葉遣いが荒くなったりする人もいます。

ケンカになった時でも、後になって冷静に話し合いができた。

意見が合わない時にも、最低限のマナーは忘れなかった。

いつもと違う状況でも、相手のそうした態度を見たことが結婚の決め手となることも。

白田なお
衝突が起こるのは仕方ないこと。その後に話し合いやすり合わせをできるかどうかの方が重要なのかもしれません。

家事育児に対する考え方

将来子どもがほしいと考えているカップルにとって、家事育児に対する考え方はかなり大切な項目です。

家事の分担や、育児に対する考え方がどうか。

この人と一緒に子育てをしていけるか。

白田なお
『この人と一緒であれば、よい家庭を築いていけそう』と確信できたことが、結婚の決め手となるようです。

一緒に過ごしていると落ち着く

一緒に過ごしていると落ち着く、リラックスできる。

お互いがそうした相手であると確信出来たのであれば、それは結婚の決め手となり得ます。

家庭では無理をせず、素の自分でいたい、という人がほとんど。

一緒に過ごしている時間が心地よかったり、その空間に安らぎを感じたり。

白田なお
そうした時に『この人と結婚したい』と感じる人は多いようです。

結婚の決め手となるポイント【女性編】

ハグするカップル10

結婚の決め手は色々ありますが、その傾向は男女によって若干の差があるようです。

白田なお
まずは女性に多いと言われているエピソードを紹介していきます。

自分の年齢や出産を意識したこと

出産・育児を考えた時に、自分の年齢を意識する女性はたくさんいます。

子どもを産むことを考えると、何歳までに結婚したい。

そうした意識が結婚の決め手となることがあります。

やはり男性よりは女性の方が、出産や育児の年齢を意識しているようです。

白田なお
自分のライフプランに合わせて、結婚へと進んでいくケースですね。

経済的な安定があること

結婚生活を送る上で、避けては通れないのは金銭面です。

特に女性は、結婚するとなるとさまざまな側面を現実的に考えます。

結婚式を上げるのであれば、まず挙式費用が必要です。

そのほか、結婚生活を送るための生活費や、子どもを授かった際の養育費や教育費など。

少なくとも、生活を続けていけるだけの見込みがあるのか。

パートナーの職業や収入の安定面はどうか。

貯金ができる人かどうか。

白田なお
そうした観点からパートナーを見た時に『この人だったら大丈夫』と思えることが、結婚の決め手となるのですね。

誠実な人だと感じた

自分の話を真摯に聞いてくれたり、お互いの今後について真剣に考えてくれる。

そうした男性に対して、女性は『誠実な人だ』と感じるようです。

こうした誠実さが、結婚の決め手となることもあります。

自分は大切にされている、正直に接してくれている。

白田なお
そうした実感を持つことで、結婚へと踏み切れるのですね

結婚の決め手となるポイント【男性編】

料理するカップル3

次は、比較的男性に多く当てはまるエピソードを見ていきましょう。

食の好みが似ていると感じた

結婚生活を送るとなると、一緒に食事する時間も長くなります。

食事は毎日のこと。

食の好みが似ていることも、結婚の決め手となるようです。

また、食の好みが似ているということは、『美味しい』と感じるセンスが似ているということ。

白田なお
自分好みの食事を作ってくれた女性に対しては、かなりの好印象を持つ男性が多いようです。

子どもを授かったこと

結婚するより先に子どもを授かったことが、結婚のいいきっかけとなった人もいます。

同棲しているカップルであれば、お互い結婚のきっかけをつかみかねていることもあります。

そういった場合に子どもを授かることで、父親としての自覚や責任感が湧き、結婚に踏み切れるのですね。

白田なお
結婚した後で不妊に悩むということもないため、もともと子どもがほしいと思っているカップルには最適なタイミングと言えるかもしれません。

一緒にいて癒されると感じた

結婚生活を続けるにあたり、家庭には安らぎを求める男性が多いものです。

仕事で疲れている時でも、一緒にいると癒された。

そうした時に、『この人と結婚したい』と思うようです。

刺激的な恋愛を好んでいた人でも、結婚するとなると意識が変わるというのはよくある話。

たまには甘えたり、弱音を吐きたい。

白田なお
ほっとした瞬間や、くつろげる時間が、結婚の決め手となるのですね。

結婚に迷う時に確認したいポイント

悩む女性17

結婚の決め手にいまいち欠ける。

自信が持てない。

そうなると、結婚するかどうか迷ってしまうこともあるかもしれません。

白田なお
そんな時は、以下のポイントについてチェックしてみましょう。

将来的なライフプランが共有できているか

結婚の決め手が分からず迷っている時は、お互いのライフプランについて話し合ってみるのがオススメです。

将来、子どもがほしいかどうか。

家は賃貸か、マイホームか。

それぞれの両親の介護、また自分達の老後についてどのようなイメージを持っているのか。

ざっくりとしたイメージでもかまいません。

大きな方向性として、お互いが同じ方向を向いているかどうか。

白田なお
結婚前に、お互いの希望や計画を、結婚前に話し合っておきましょう。

結婚生活のイメージが合っているか

結婚生活のイメージが合っているかどうかも、結婚前にすり合わせておきたいポイントの一つです。

特に共働きの家庭となると、家事や育児の役割分担は重要です。

『家事は女性がするものだ』という意識をもっている男性もまだまだ多いようです。

結婚前に認識を合わせておかないと、いざ結婚生活が始まってから苦労するかもしれません。

白田なお
ケンカや衝突の種はなるだけ事前になくしておきたいものですね。

お互いを尊重できる関係か

結婚する前に確認しておきたいことの一つに、お互いの関係性があります。

あなたは、パートナーの意見を尊重できるでしょうか。

また、パートナーはあなたの意見に耳を傾けてくれているでしょうか。

結婚して長い時間を一緒に過ごしていくとなると、その分お互いの短所が目につくことも増えます。

自分の希望通りにものごとが進まないこともあるでしょう。

そんな時に、お互いが対等に話をできる関係でしょうか。

どちらかが言いなりになるような関係では、いずれ破綻してしまうかもしれません。

白田なお
お互いを尊重し合って、対等に意見をすり合わせられる関係が望ましいですね。

どうしても結婚に対する迷いが消えない時は、以下の記事も参考にしてみてください。

白田なお
結婚に迷う時の原因とその対処法について、詳しく解説しています。

結婚に迷うなら確認しておきたいこと|迷いの原因と対処法を解説
結婚に迷うなら確認しておきたいこと|迷いの原因と対処法を解説
結婚の話が具体的になってくると、なぜか結婚に迷ってしまう。 このままこの人と結婚してもいいのだろうか。 違和感や不安を感じてモヤモヤしてしま…

まとめ

この記事のまとめ

  • 結婚のタイミングで多いのは、主に『適齢期』と『結婚の決め手を確信した時』。
  • 結婚の決め手はさまざまですが、価値観や一緒にいて落ち着くかどうかは特に重要なポイント。
  • 結婚に迷う時は、気になる点を事前に確認しましょう。

結婚の決め手となるポイントは人それぞれ。

迷ったときは、自分のライフプランについて落ち着いて考えてみましょう。

ささいなことが結婚の決め手となることもあります。

白田なお
どんなきっかけであっても、あなたが納得できたのであれば大丈夫。自信を持ってくださいね。