結婚に迷うなら確認しておきたいこと|迷いの原因と対処法を解説

結婚の話が具体的になってくると、なぜか結婚に迷ってしまう。

このままこの人と結婚してもいいのだろうか。

違和感や不安を感じてモヤモヤしてしまう女性は少なくありません。

本来、幸せなイベントであるはずの結婚なのに、どうして苦しくなってしまうのか。

それは、迷いの原因が自分でも分かっていないからかもしれません。

今回は、結婚に迷っている時の原因とその対処法についてまとめてみました。

迷いの原因を見つめることで、モヤモヤな気持ちに対処することが可能です。

白田なお
今回の記事を参考に、一緒に迷いを解消していきましょう。

名前目的男性料金女性料金男性年齢層女性年齢層特徴総合評価口コミ平均リンク
ペアーズ
恋活
婚活
3,590円~
無料
20代~30代
20代~30代
  • マッチングアプリ利用率No,1。
  • 「コミュニティ」なら共通点や趣味で相手を探せる。
92点
3.4点
タップル
デート
恋活
3,700円~
無料
20代
20代
  • 毎月10,000人以上のカップルが誕生。
  • 理想のデートプランでマッチングできる。
89点
3.2点
with
恋活
3,600円~
無料
20代
20代
  • マッチングアプリ満足度No1。
  • 心理学を用いた独自の心理テスト、性格診断から相性がいい相手を探せる。
87点
3.3点
この記事を書いた人
白田なお

30代前半の会社員。ブラック企業時代はがむしゃらに恋活していたが、どれも長続きせず。今は転職を機に、ワークライフバランスを取りつつマイペースな婚活を再開。

結婚に迷うのはどんな時?迷いの原因とは

woman

結婚に迷う、といっても、その原因はさまざま。

自分とパートナーとの関係だったり、親や親戚付き合いだったり。

みんなはどのような場面で、結婚に迷っているのでしょうか。

白田なお
結婚に迷ってしまう事例と、その原因について見ていきましょう。

性格が合わないような気がする

恋人として付き合っているのは楽しいけれど、結婚して家族になると考えるとどうか。

引っかかる点があると、結婚に迷いが生じてしまいます。

一緒に過ごしている時のパートナーの言葉遣い。

ものの考え方や価値観。

小さい子に対する接し方や、店員さんに対する態度。

自分と感覚が違い過ぎると、「この人とは性格が合わないのではないか」と感じてしまいます。

白田なお
結婚を真剣に考えているからこそ、違和感をより強く感じるのかもしれません。

金銭感覚が合わない

結婚に迷う要因として、金銭感覚の違いは大きな問題です。

お金がすべてではありませんが、結婚するとなると避けては通れない重要な部分。

お付き合いしている段階ではお互いに干渉しなかったとしても、結婚生活を送るとなるとそういう訳にはいきません。

浪費癖のあるパートナーであれば、生活が送っていけるのかどうか不安になってしまうでしょう。

逆に倹約家を通り越してケチ過ぎる人と結婚するとなると、あれこれと支出にダメ出しをされて息苦しくなってしまう可能性も。

白田なお
何にお金をかけるのか、その優先順位を話し合っておくことが必要かもしれません。

価値観の違いが大きいと感じる

あまりにも価値観が違うと、この人と結婚してもいいのだろうか、と迷いが生まれてしまいます。

恋人関係の時は気にならなくても、結婚すると考えてみるとその違いが目につきやすくなることも。

価値観の違いは、日常のさまざまな場面に影響を及ぼします。

金銭管理や、食事、生活リズムや衛生観念など。

一緒に生活を送っていくとなると、その違いがトラブルの原因になる可能性があります。

価値観の違いが不満を生み、それが積み重なってケンカになる。

白田なお
そうなると、結婚してもやっていけないのではないか、という気持ちになってしまいますね。

彼氏の経済力が不安

結婚するとなると、夫婦で共通の金銭管理をする場合がほとんど。

そうなると、結婚はしたいけれども収入面が心配、といったケースもあります。

お互いの仕事や年収の話をしたことがないというカップルもいるかもしれません。

しかし、結婚するとなると、経済的な問題は無視できません。

親の介護が必要になった時に、自分とパートナーの収入でやっていけるのか。

子どもができた場合に、生活に困ることはないか。

白田なお
将来的なことを考えると、経済面で不安が大きいという人はたくさんいるようです。

彼氏の親や親戚と上手くやっていけそうにない

パートナーの親族と上手くやっていけそうにない。

そんな時には、結婚することに迷いが生じてしまいます。

パートナーの親や親戚と性格が合わない。

相手の実家に行くのが苦痛。

一緒に暮らす訳ではなくても、結婚後は近しい関係になります。

家族行事やイベントのたびに、負担を感じてしまう。

そうなると、このまま結婚してやっていけるのだろうか、と考えてしまうのです。

白田なお
なるだけ距離を置いたり、最低限の関わりで済むよう、パートナーと相談できるといいですね。

今の仕事を辞めたくない

結婚すると、今の仕事を続けられないのではないか。

現在の仕事が充実していればいるほど、結婚後も仕事を続けられるかどうかは重要なポイントです。

結婚すると生活スタイルが変化します。

引越しをすることで、今の職場に通うことが難しくなる人もいるでしょう。

自分は仕事を続けるつもりでいるけれど、パートナーはどう思っているのか。

あなたの考えをしっかり伝えた上で、不安な部分は確認しましょう。

白田なお
認識違いが起こらないよう、事前に話し合いが必要です。

彼氏のことを本当に好きなのか分からなくなってきた

結婚するとなると、本当に今のパートナーでいいのだろうか。

自分は本当にこの人のことが好きなのだろうか。

結婚に迷っている時には、こうした考えが浮かびやすくなります。

結婚の話が具体的になっていくと、上手くいかないことやトラブルも増えてきます。

そうなると、相手の短所が目に付きやすくなってしまい、うんざりした気持ちになってしまうことも。

そうした場合に悩み過ぎると、本当に自分は相手のことを好きなのだろうか?という悩みを抱えてしまうことになります。

白田なお
好きかどうかよりも、相手のことを信頼できるかどうか、といった視点が必要かもしれません。

もっといい人に出会える気がする

結婚直前になると、今のパートナー以外の選択肢がなくなります。

そうなると、「もっと他にいい人がいるのでは?」という気持ちになってしまうことも。

今のパートナーが自分の理想と違っていれば、この気持ちは更に大きくなります。

昔の恋人と今のパートナーを比較して、このままでいいのだろうかと不安になってしまう人もいるようです。

結婚に対する理想が高かったり、今のパートナーに対する不満が大きい人ほど、この傾向があるようですね。

白田なお
完璧な人はいないと割り切ることが必要かもしれません。

彼氏との年齢差が気になる

付き合っている段階では気にならなかったけれど、結婚するとなると年齢差が気になる。

このような場合もあります。

パートナーが年上であれば、特に育児について不安になることが多いでしょう。

子どもが何歳の時に、親が何歳なのか。

子どもが成人する頃には、親は何歳で、仕事はどうなっているのか。

もしかして、自分に近い年齢の方がいいのでは?と考えて不安になってしまうのです。

よく分からないがなんとなく不安

なんだか不安。

とにかく不安。

よく分からないけれど不安。

そんなこともあります。

漠然とした不安が拭いきれずに、ずっとモヤモヤしている状態です。

ずっと迷い続けていれば、決断しなくて済むからかもしれません。

決断を避けるために、無意識に迷い続けているのです。

まずは不安な気持ちを誰かに話してみましょう。

話している内に自分の気持ちが整理できるかもしれません。

また、第三者から意見をもらうことで、自分では気づかなかった気持ちに目がいくこともあります。

自分の気持ちをひたすら紙に書き出してみるのもいい方法です。

結婚に対する迷いだけではなく、仕事のトラブルが気持ちに影響している場合もあります。

白田なお
不安の要因が特定できたら、対策のために以下の項目を順番に確認していきましょう

結婚に迷ったら確認しておきたいこと

マルバツ女性8

結婚に迷ってしまう原因はさまざま。

みんな気になることがあって、不安になっているのですね。

では、迷いが生じた時はどうしたらいいのでしょうか。

白田なお
結婚に迷った時に確認してほしいことについて、順番に解説していきます。

将来的な家庭像が合っているか

将来どのような家庭を築いていきたいのか。

事前にパートナーとよく話をしておきましょう。

結婚は恋人関係とは違います。

一緒に家庭を作り上げていくことになります。

親戚付き合いや近所付き合いなど、人間関係の幅も広がっていきます。

その中で、結婚してからの長い生活における家庭像は一致しているでしょうか。

全く同じにする必要はありません。

しかし、たとえば子どものことなど、話し合いでは折り合いのつけにくい問題も多くあります。

妊娠や出産となると特に、女性は年齢的なこともあります。

白田なお
結婚してからでは遅いかもしれません。迷いがある段階でしっかりと話し合うようにしましょう。

結婚生活のイメージは合っているか

結婚した後の生活のイメージは、お互い合っているでしょうか。

特に、家事や育児に関する考え方の違いは大きいです。

どちらか一方に負担が偏ってしまうと、結婚生活が破綻してしまう可能性もあります。

結婚生活を送る上では、お互いを思いやる気持ちが大切です。

共働きとなると、家事の分担もよく考えておく必要があるでしょう。

家事は分担するつもりでも、育児は女性に任せたいと考えている男性も多くいます。

結婚した後の生活について、具体的にどのようにしていくのか。

毎日の掃除や洗濯、料理、育児について、どうやって協力していくのか。

白田なお
結婚生活のイメージが合っているかどうかは、具体的に話し合っておきましょう。

金銭感覚や経済面での決定的な不安はないか

経済的な面での決定的な不安がないかどうかも確認しておきましょう。

まずは結婚するにあたっての、結婚式や引越し、その他の費用として必要な額が容易できるのか。

そこから先、結婚生活を送る上で金銭的な問題がないかどうか。

事前にお互いの条件を具体的に確認しておきましょう。

気になるようであれば、今までの職歴や現在の仕事内容について質問しておいた方が無難です。

もし経済的に難しい状況があれば、生活スタイルを見直すことも必要かもしれません。

また、支出の見直しをすることで問題をクリアできることもあります。

逆に、話し合いで折り合いがつかないような金銭感覚の違いはないでしょうか。

お金よりも気持ちの方が大切という考え方もありますが、お金がないと生活はできません。

白田なお
聞きにくいことかもしれませんが、金銭トラブルや借金についても事前に話をしておきましょう。

性格や食の好みが違い過ぎないか

性格や食の好みが違い過ぎると、結婚してからもトラブルが続く可能性があります。

趣味や食べ物の好き嫌いといった違いはあるかもしれません。

それでケンカになったり、トラブルにならない程度であれば問題ないでしょう。

しかし、食の好みが違い過ぎると、外食頻度や食材にかける金銭感覚の違いにもつながってきます。

性格についても、あまりにも違い過ぎるとお互いが疲れてしまうかもしれません。

結婚してからの生活は長く続きます。

今、性格の違いで悩んでいるのであれば、結婚後もそれが不満の種になる可能性が。

白田なお
事前に話し合ったり、工夫で解消できる問題であれば、対策しておきましょう。

人生を一緒に過ごしていきたいと思えるか

結婚に迷いが生じているということは、何か不満や不安がある状態です。

そんな時は、大きな視点に切り替えてものごとを考えてみましょう。

いろいろ気になる点はあるけれど、これからもこの人と一緒にいたい。

何かあっても、二人で協力して乗り越えていきたい。

そんな風に思える相手でしょうか。

これから先の人生を考えた時に、一緒に過ごしていきたいと思えるか。

楽しいことばかりではなくても、お互いが必要な存在か。

白田なお
目の前の不安ばかりではなく、人生スパンで見た時に自分はどうしたいのか、と言った視点で考えてみてください。

お互いを尊重できそうか

お互いに尊重し合えるかどうかも、考えておくべきところです。

結婚してからもあなたのことを大切にしてくれそうでしょうか。

そしてあなたも、結婚後もパートナーのことを大切にしたいと思えるでしょうか。

たとえば、結婚後のプライベートに関する温度差はありませんか。

趣味や友人付き合いを極端に制限してくる、といった人には注意が必要です。

また、結婚後は一緒に過ごす時間がより長くなります。

お互いの短所に目が行くことも増えるでしょう。

その時に、ある程度は相手の短所を受け入れられるでしょうか。

もしくは、気になる点を指摘された時に、相手の話を聞いてあげられるでしょうか。

白田なお
どうしても合わない部分は見過ごしたり、干渉しない、と割り切ってしまうといいかもしれませんね。

家族関係が悪すぎるといったことはないか

家族との関係があまりにも悪い、といったことはないでしょうか。

そうした場合、いざ結婚するとなった時にトラブルになる可能性があります。

性格的な合う・合わないの問題以外にも、地域差やローカルルールのトラブルもあります。

話し合いで解消できない問題があるかもしれません。

慣習的なものもありますので、気になることがある場合はパートナーに確認を。

家族仲が良い場合でも、親との同居や介護の話があるかもしれません。

事前に話をしておかないと、お互いの認識違いが生じてしまいます。

結婚してから「聞いてない」「了承していると思ってた」というようなことがないよう、事前に話し合いを。

白田なお
結婚後のトラブルを減らせるよう、相手の意見や希望を確認しておきましょう。

困った時に助け合えるか

困ったことがあった時に、二人で助け合えそうでしょうか。

こういった視点でも二人の関係を見つめ直してみましょう。

結婚生活が始まると、夫婦二人で取り組まなくてはいけない問題が増えます。

仕事のことや金銭面でのこと、子どものことや、病気や怪我、はたまた親族関連の雑事など。

結婚前には想像できなかった問題が生じる可能性もあります。

そんな時に、パートナーに相談することはできますか。

自分の話を聞いてもらえると感じるでしょうか。

または相手から相談された時に、一緒に取り組んでいこうという気持ちになれるでしょうか。

白田なお
こういった側面からも、お互いの関係性について考えてみてください。

素直に対等に意見を言い合える関係か

素直に気持ちを言い合える関係かどうか。

これもとても大切なポイントです。

言いたいことを我慢し続けてしまうと、不満がたまっていつか爆発してしまうかもしれません。

結婚生活は長く続いていくものです。

日頃から思っていることを言い合える関係を築いておくことが重要となります。

白田なお
一方的に感情をぶつけるのではなく、お互いがお互いの意見に耳を傾ける姿勢が必要です。

結婚に迷う時の対処法

ウェディングドレスを着た女性顔無し4

では、結婚に迷っている時には、どのようにその不安と向き合っていけばいいのでしょうか。

白田なお
具体的な対策を説明していきます。

結婚を迷っている原因を考える

結婚に迷ってしまう時は、迷いの原因について考えてみましょう。

迷いが生じるということは、結婚したい気持ちがあるということ。

その上で心配や不安なことがあることで、このまま結婚してもいいのか迷っている状態なのです。

可能な限り、結婚を迷う理由を明確にしていきましょう。

ここまでの記事を参考に、項目別に考えてみるのもいい方法です。

親の問題、金銭面、価値観、さまざまな角度から原因を整理します。

妥協やすり合わせで解決できそうな問題と、そうでない問題を分けて考えましょう。

不安を具体的な課題に落とし込むことで、「意外に何とかなりそうだな」と切り替えることもできます。

ここでのポイントは、すべてを解消するのは難しい、と考えておくことです。

原因を特定して対策を打ったとしても、それですべての問題が解決する訳ではありません。

あくまで、迷いをなくし踏ん切りをつけることが重要。

不安な気持ちが残っていても、それは自然なことです。

ただし、どうしても不安でしょうがなかったり、迷いが強い場合は注意が必要です。

解決できない問題があまりにも多い時は、結婚したい理由をもう一度見つめ直してみましょう。

白田なお
併せて、以下の対策も実施していってくださいね。

彼氏と価値観をすり合わせる

話し合いで価値観をすり合わせることで、結婚に対する迷いが小さくなるかもしれません。

趣味や食の好みなど、完全に一致させることは困難です。

しかし、お互いの価値観を知ることで、歩み寄りや配慮が可能になります。

白田なお
具体的なすり合わせ方法については、以下の記事も参考にしてみてください。

彼氏と価値観が合わないと感じたら|100人アンケートから対策を紹介
彼氏と価値観が合わないと感じたら|100人アンケートから対策を紹介
彼氏と価値観が合わなくて困っている。 そんな女性は多いですよね。 彼氏のことが嫌いになったわけじゃないけれど、価値観の違いにモヤモヤしたり。…

不安な気持ちを彼氏に相談してみる

一人で考えていてもどうしようもない問題もあります。

そんな時は、率直な気持ちをパートナーに相談してみましょう。

結婚生活においても、お互いが本音で話をすることは重要です。

トラブルや困難に直面した時に、自分一人で抱え込んではいけません。

言いにくいこともあるかもしれませんが、これも練習だと考えましょう。

白田なお
パートナーが歩み寄ってくれることで、迷いの要因が解消される可能性もあります。

信頼できる友人やプロの意見を聞いてみる

信頼できる友人に話をしてみるのも、視野が広がるいい方法です。

一人で悩んでいても、解決が難しい。

パートナーと話をしても、解決方法が見つからない。

そんな時は、信頼できる周囲の人を頼ってみましょう。

親や兄弟など、家族に相談してみてもいいですね。

人に話している内に、自分の考えがまとまっていくということもあります。

また、迷いが消えない時は、プロに相談してみてもいいかもしれません。

結婚相談所や専門のカウンセラーに話を聞いてもらいましょう。

結婚相談所であれば、まずは無料カウンセリングで話を聞いてもらうこともできるようです。

白田なお
解決の糸口がつかめない時は、経験者や第三者の意見を取り入れてみましょう。

結婚相談所おすすめランキング12選|比較表&診断ツールでサクッと解決!【8月最新】
結婚相談所おすすめランキング12選|比較表&診断ツールでサクッと解決!【8月最新】
新しい出会いが欲しい人や真剣に婚活したい人にとって、結婚相談所は婚活の手段の一つです。 入会を考えている人もいるのではないでしょうか? しか…

10日後、1年後、10年後の未来を想像してみる

それでもまだ、結婚するかどうか決められない。

迷ってしまって踏ん切りがつかない。

そんな時は、未来の自分を想像してみましょう。

10年後、20年後の未来を想像する、というのはよく聞く手法ですよね。

ただ、あまりにも遠い未来を想像するのは、なかなか難しいものです。

将来、自分がどうなっているのか分かれば、苦労はないというもの。

そこで、イメージをつかみやすくする方法を紹介します。

「今、結婚する(結婚しない)」という決断をした場合の想像を、段階的に行うのです。

それぞれ、10日後、1年後、10年後の自分で想像してみましょう。

たとえば、「結婚する」という決断をしたとします。

「結婚する」場合

  • 10日後:決断することで、覚悟が決まった感じがしていそう。まだまだ不安なことはあるけれど、「彼と一緒に乗り越えていきたい」と、前向きな気持ちになっているかな。
  • 1年後:新しい暮らしにも慣れてきた頃かな。たぶん転職しているから、新しい職場になじむためにいっぱいいっぱいかも。トラブルはあるだろうけれど、結婚したことを後悔はしていないんじゃないかな。
  • 10年後:子どもがいるとしたら、もう小学生ぐらいか。どんなことがあるか想像できないことも多いな。親戚付き合いもけっこう面倒かもしれない。でも、彼も私もきっとたくさん成長している。彼との絆が深まっているといいな。

次に、「結婚しない」という決断をした場合です。

「結婚しない」場合

  • 10日後:新しい出会いがあるのか不安になっていそうだな。でも、あのまま悩み続けているよりは良かったと思えそう。しばらくは一人の時間をたくさん取って、ゆっくりしたいな。
  • 1年後:仕事とプライベートのリズムが整ってきた頃かな。いろいろ思い出して、少し寂しい気持ちになっているかも。やっぱり結婚したい、と思って、婚活を進めている可能性もあるな。
  • 10年後:結婚していなかったとしたら、周囲の既婚者を見て羨ましい気持ちになるかも。でも、自分が納得して決めたことだから、妬ましいとかそういう感情はないんじゃないかな。もしかしたら、新しい人と結婚していて、子どもがいる人生かもしれない。

上で述べたのはあくまで例えです。

自分に当てはめて考える時には、あなたの心から浮かんでくる思いを正直に受け止めてみてくださいね。

白田なお
できるようなら20年後、30年後も一緒に考えてみてください。

まとめ

この記事のまとめ

  • 結婚は人生の一大イベント。悩んだり迷ったりするのは当然です。
  • まずは不安の正体を知って、一つずつ対処していきましょう。
  • 決断の前には、パートナーとはもちろん、周囲やプロの意見を聞いて納得いくまで話し合いを。

結婚は、今後の人生を左右する大きな決断の一つです。

あなたとパートナーだけの問題ではありません。

親や親戚、仕事面など、さまざまな要素が絡んできます。

そのため、迷ったり悩んだりしてあたりまえなのです。

正解はありません。

不安が100%なくなる、ということも難しいでしょう。

しかし大切なのは、結婚前に不安や悩みをすべて解決してゼロにすることではありません。

大切なのは、あなたとパートナーが幸せになれるかどうか。

解消できる懸念点は、結婚前にしっかりと話し合いを。

その上で、どんな選択をしたとしても、その後の人生をより良いものに近づけていくことは可能です。

白田なお
悩んだ時は周囲の人を頼ったり、今回の記事を参考にして、考えを整理してみてくださいね。