マリッシュの会員数・年齢層・年収|サクッと判る、会員情報の全て。

マリッシュの会員数・年齢層・年収|サクッと判る、会員情報の全て。
涼子

この記事の案内人


大阪在住の29歳マリッシュを使って婚活中のバツイチ・シンママ。同じような境遇の方の力になりたいと思い、ライターをやっています。

マリッシュは再婚活をテーマにした、バツイチ・シンママ優遇のマッチングアプリ。

でも実際使うに前にどんな会員がいるのか知っておきたいトコロ。

 

そこで…

 

マリッシュの会員数や年齢層、年収に至るまで、どんな人がいるのか徹底調査!

この記事を読めば、将来の結婚相手が見つかるのかもわかるハズ。

 

涼子
涼子
マリッシュを使って婚活しているシンママライター、涼子が解説していきます♪

 

マリッシュ
マリッシュ
運営会社
株式会社マリッシュ
会員数
100万人以上
男性基本料金
3,400円
女性基本料金
無料
年齢層
30代~40代
男女比
男性55%
女性45%

登録はコチラから

婚活・再婚活向けユーザーが多いため、真剣度が高い。18歳未満は使用できません。

 

マリッシュの会員数

マリッシュの会員数は2020年4月の時点で累計80万人を突破しています。

2019年11月の時点で約70万人だったので、1日に1,000人以上のペースで登録されているってことです。

 

現在の正確な人数は公開されていますが、現在では100万人を超えていると考えられます

涼子
涼子
実際問い合わせてみたのですが、非公開とのことでした。

 

マリッシュは2016年11月から運営を開始している比較的新しいマッチングアプリ。

他の老舗マッチングアプリよりは会員数は少ないですが、再婚活にターゲットを絞ったうえでこの増え方なので安心して使えますね。

(例えば最大手のペアーズだと、2012年10月からサービス開始しています。)

 

また、大手の結婚相談所は5万人程度なので、出会いの幅という意味でも非常に広いことが判ります。

 

マリッシュの年齢層について

 

 

 

マリッシュの会員は20代~50代がメインユーザーとなっていて、その中でも30代40代が多いことが判ります。

 

これが他社と比較するとどうなのかって所も気になりますよね。

 

涼子
涼子
そこで、他社と年齢層を比較してみました♪

 

でも実際、他社と比べてどれくらい年代の幅があるのか気になるトコロ。

そこで、

 

マリッシュ会員の年齢層って気になりますよね?

どの年齢層の方が多く利用しているのか、男女比がどれくらいなのかも。

若すぎる層がメインだと、再婚活には不利だし男女の比率が偏っているのも・・・

そこで、マリッシュの会員数と年齢層、バツイチの比率などの内訳を紹介していきますね。

マリッシュの年齢層全体の分布で見てみると、男性は20~40代、女性は30代・40代がメインユーザーですね。

それ以外の年代にも幅広く分布していることが分かります。

マリッシュの会員は、思いのほか幅広い層の方が登録していてバランスが良いですね。

マリッシュの年齢層は20代は少なめ

主要なマッチングアプリで、20代登録者の割合を表にして比べてみました。

 

20代 男性 女性
タップル誕生 76% 79%
with 65% 67%
ゼクシィ恋結び 51% 59%
Pairs 49% 58%
Omiai 37% 45%
ゼクシィ縁結び 34% 38%
ブライダルネット 17% 24%
youbride 27% 23%
マリッシュ 25% 16%
マッチ・ドットコム 20% 10%

 

 

こうしてみると、タップル誕生やwithが65%以上の数字で構成されているのに対して、マリッシュは男性25%、女性は16%です。

つまり、マリッシュは年齢層の高いユーザーに支持されていて、他のアプリと比較して20代の数は少なめということ。

ライトなユーザーとは違う、アプリの特徴が反映されていますね。

マリッシュの年齢層は30代と40代中心

 

30代 男性 女性
ブライダルネット 51% 58%
ゼクシィ縁結び 38% 47%
マッチ・ドットコム 30% 47%
Omiai 41% 43%
youbride 30% 42%
マリッシュ 23% 34%
ゼクシィ恋結び 31% 33%
Pairs 28% 31%
with 24% 25%
タップル誕生 16% 15%

 

 

 

 

40代 男性 女性
マリッシュ 29% 36%
マッチ・ドットコム 30% 30%
youbride 28% 26%
ブライダルネット 26% 14%
ゼクシィ縁結び 20% 12%
Omiai 17% 10%
Pairs 14% 9%
with 9% 6%
ゼクシィ恋結び 12% 6%
タップル誕生 5% 5%

 

 

 

マリッシュの年齢層でメインになるのは、30代・40代のユーザーですね。

公式ツイートによると、マリッシュは30代と40代で全体の70%を占める構成。

男性もの場合でも、30代と40代で51.5%の構成比になっています。

マリッシュ会員の年齢層って、他の一般的な婚活アプリと比較すると少し高め。

いろいろな婚活アプリの中で差別化がしっかりしていますし、結婚を真剣に考えている方が多く登録している印象ですね。

 

マリッシュ会員のアクティブユーザー数

マリッシュの会員数は80万人を突破していますが、これって累計登録の人数。

この人数は他の大手サイトには及びませんが、大切なのはアクティブなユーザー数です。

そこで、今、どれくらいの方が実際に活動しているのか?そこを調査しました。

マリッシュの1カ月あたりのアクティブユーザーは約10万人です。

その中で、男性会員は40代と50代で29.2%ずつで合わせると、58.4%に相当してます。

ちなみに、20代男性は、累計登録の数では25%でしたが、アクティブユーザーでは2.4%に減少しています。

つまり、ライトな出会いを求めている20代男性には、向いていない事が分かりますね。

一方、女性のユーザーは40代が43.2%と圧倒的に多く、次に50代が25.1%です。

これは、子育てが落ち着いたシンママが出会いを求めて、登録しているケースが多いことが分かります。

やっぱり、マリッシュは30代以上の再婚活に向いていることが良く分かりますね。

 

マリッシュ会員の地域別割合

地域別の構成比で見ると、東京、神奈川、大阪、愛知、などの大都市がメインですが、地方もまんべんなく分布しています。

 

都道府県 男性会員数 男性構成比 女性会員数 女性構成比
東京都 122,910 12.3% 141,431 14.1%
神奈川県 74,789 7.5% 71,393 7.1%
大阪府 71,646 7.2% 92,575 9.3%
愛知県 70,955 7.1% 58,127 5.8%
埼玉県 61,662 6.2% 56,130 5.6%
千葉県 55,859 5.6% 50,282 5.0%
北海道 43,354 4.3% 48,855 4.9%
福岡県 40,072 4.0% 42,008 4.2%
兵庫県 37,723 3.8% 48,499 4.8%
静岡県 29,121 2.9% 22,823 2.3%
宮城県 26,254 2.6% 20,469 2.0%
茨城県 22,489 2.2% 19,613 2.0%
広島県 21,936 2.2% 23,607 2.4%
京都府 18,136 1.8% 21,682 2.2%

 

殆どの婚活アプリは、ユーザーが大都市に偏っていますが、マリッシュは地方でも偏りがなく登録されていますね。

また、マリッシュの会員数で考えると、ユーザーは大都市に集中しているので、地域によっては出会いにくいかも。

とはいっても、2017年から積極的な広告やキャンペーン、口コミでユーザー数は4倍近くに増えていますし、今後もさらに増えていくと予想できます。

地方のユーザーにも使いやすくなってきているので、2021年以降も期待できますし、おすすめです。

 

離婚歴・子供がいる会員の割合

マリッシュの会員の特徴として、離婚歴がある方と、お子様がいる方の比率が、他のアプリと比べて高いことがあげられます。

具体的な数値でいうと、男性で65%、女性で70%の方が離婚歴あり。

ちなみに、マリッシュのシンママ登録は約10万人で、全国の母子世帯は約123万世帯ですから、シンママの約8%がマリッシュに登録している計算ですね。

 

あと、マリッシュ登録者の約70%が離婚経験ありです。

やっぱり、初婚同士の出会いがメインの婚活アプリは使いにくく、バツイチやシンママ、シンパパの再婚を活希望する人はマリッシュに集まる傾向です。

 

マリッシュの男性会員の年収

マリッシュの会員年齢層は30代以上から50代がメインです。

この年齢層なら年収はそれなりに高いのでは?

バツイチでシンママとなると、これからの雇用にも不安を持っていますし、お金もそれなりに必用なんです。

そうなると、相手の方の年収はどうしても気になります。

そこで、マリッシュに登録している会員の年収について調査しました。

マリッシュの男性年収は600万円以上が4割

マリッシュ会員の年収は600万円以上が4割になっています。

 

これには、マリッシュの会員年齢層が高いことが理由として考えられます。

男性の年収で一番多いのは、25.6%を占めている400-600万円のゾーン。

ただし、600万円以上を合計すると、約40%になりとても高い水準ということが分かりますね。

ちなみに国税庁の民間給与実態統計調査によると、平成30年の男性平均給与は545万円です。

マリッシュは年収証明があるので安心

マリッシュの男性ユーザーは高収入の人が多いです。

マリッシュには男性のプロフ絞り込みで、年収から検索できる機能があります。

注意したいのは、マリッシュのプロフィールの年収は自己申告なので、虚偽の内容を記載する男性がいる可能性があります。

そこで、マリッシュには年収証明提出済という仕組みがあります。

年収が800万円を超える男性は、給与明細や源泉徴収票などを提出すると「年収証明提出済」であることがプロフに明記されます。

未提出の場合は「未提出」と表示されますので、男性の収入が気になる女性は、ここをチェックしてくださいね。

 

マリッシュの会員情報のまとめ

この記事のまとめ

 

マリッシュは再婚活をテーマにしているだけあって、結婚に前向きな方が多いです。

お互いが理解し合って活動できる数少ないアプリだと感じてます。

 

あと20代が少ない分、収入も安定している人も多いですね。

涼子
涼子
個人的にはマリッシュかなりおすすめです♪

登録はコチラから

婚活・再婚活向けユーザーが多いため、真剣度が高い。18歳未満は使用できません。