『結婚したい』と思ったあなたへ。本当にそれで、上手くいく?

ユン

この記事の案内人

ユン


イギリス在住の32歳。インドア派でゲーマー。外資勤め時に外国人男性の魅力に圧倒され、外専になる。現在はマッチングアプリで国際結婚し、幸せな日々を送る。

「結婚したい」と思い婚活を頑張るも、うまくいかなくてもどかしい時はありませんか?

焦る気持ちだけが先走って、「結婚したい」から「とにかく結婚したい」になったらイエローカード。

 

ユン
ユン
とにかく結婚したいという気持ちから、結果を早まるのは危険です。

 

「結婚」はゴールではありません。

焦って判断すると、誤った相手を選択してしまうことも。

そこで今回は、「結婚したい」と思った人のために「失敗しないためのテクニック」をご紹介します。

 

ユン
ユン
まずは、「結婚したい」と強く思うときのシチュエーションから見てみましょう。

 

『結婚したい』と思うのはどんな時?

「一人だと寂しい」「子どもが欲しい」「家族を持ちたい」など、一人でいることへの寂しさから結婚を意識する人が多いようです。

一人暮らしだと、病気になって寝込んだりした時に「このまま死んだら誰にも見つけてもらえないかもしれない」と急に不安に駆られることもありますよね。

 

ユン
ユン
パートナーがいれば、このような心配とは無縁だし、なにより楽しいことをシェアできる人がいるのは結婚している人のメリットですよね。

 

ただ、「結婚したい」と思ってもすぐにできるものではありません。

相手探しから始め、時間を掛けて結婚相手としてふさわしいかどうか見極めなければ。

そうるすと、焦る気持ちに拍車が掛かり間違った方法で結婚相手を探しがち。

あなたは当てはまっていませんか?

 

本当にそれで、上手くいく?失敗しがちな理由3選!

「結婚」を焦るが故に起こしてしまう失敗しがちな理由を、いくつかご紹介します。

 

「結婚できそう」「誰でも」と妥協する

  • 「年齢」
  • 「婚活で成果が出ない」

 

これらがネックになって、投げやりな思考になりがち。

「誰でもいいから結婚したい」という「結婚」が目標になってしまうパターンは、余計に結婚相手を遠ざけてしまいます。

このような方は、マッチングまでは早くても、いざお付き合いを始めてみたら「相手と合わない」ことが段々浮き彫りになってきたりします。

「でも次は無いかもしれない…」など見て見ぬフリをして、取り返しのつかない状況までズルズル付き合ってしまうことも。

それでは今までの時間がすべて水の泡。

結局最初から婚活をやり直すハメになってしまいます。

 

無計画に行動せず、相手の理想像をしっかり持ちましょう。

 

ユン
ユン
どんな人と結婚したいのか思いつくままに書き出してみて、そこから優先順位をつけるといいですよ。

 

内面ではなく「条件」で選ぶ

結婚相手となると、どうしても「職業」「年収」「子どもの有無」など、条件で判断しがち。

しかし、相手の内面をないがしろにすると、「この人は自分のことじゃなくてスペックだけチェックしてるんだな…」と相手から敬遠されてしまうでしょう。

中には質問攻めをしてしまい、相手を引かせてしまうことも。

 

ユン
ユン
これでは「婚活」というより「面接」ですよね。

 

こんな態度では、相手から嫌な印象を持たれてしまいます。

相手がどんな人なのかを知るのはとても大切ですが、条件チェックの堅い会話にならないよう、雑談から相手の人となりを汲み取るようにしましょう。

「趣味」や「お休みの日は何をしていますか?」など、相手の日常がイメージできるような質問が良いでしょう。

 

お付き合いをすっ飛ばして結婚へ

付き合う = 結婚ではないことを再認識しましょう。

恋人ができたらすぐに結婚を迫る人がいますが、相手にとってはプレッシャーでしかありません。

そんな必死感に相手はすっかり引いてしまい、結婚に対して前向きに考えることが難しくなってしまいます。

 

ユン
ユン
プレッシャーは心地いいものではありませんよね。

 

ここは焦る気持ちを隠し、お付き合いを楽しみましょう。

仮に結婚前提の付き合いをしていたとしても、結婚には「タイミング」があります。

「この人と結婚したいな」と強く思ってもらうためには、日々コツコツと幸せの思い出を積み上げることが大切。

ふと振り返ったときに、「幸せな思い出しかない」とあなたの魅力に改めて気付き、これからも一緒にいたいと思ってもらえます。

 

ユン
ユン
結婚するかどうかわからない人との付き合いはしたくない!という思いは相手に伝わってしまいますよ。気を付けて。

 

理想の結婚生活をイメージして

結婚の先をイメージすることで、自然と「その生活を送るためにはどんな相手だったらいいか」も見えてくるでしょう。

明確なゴールが見えれば、それに沿った婚活ができるようになります。

間違っても、「この人なら結婚できそう」「誰でもいい」という発想にはならないはず。

 

例えば、私は働くことが好きで、絶対に職は手放したくないと考えていました。

だから結婚しても、共働きを受け入れてくれる男性がいいなと思い、そのような相手(今の夫)と結婚に至りました。

夫はそれに対し「君のやりたいようにしよう!」と前向きで、私が家事に手が回らない時は夫が家事をやっています。

嫌な顔一つせず、「仕事頑張って」と紅茶を淹れて励ましてくれる時も。

 

婚活で大事なのは、「結婚すること」ではなく、「どんな結婚生活を送りたいか」

理想の結婚生活が見えれば、理想の相手がイメージできます。

理想の相手が見えれば、そういう人と出会うにはどんな婚活をすればいいのかがわかります。

 

ユン
ユン
自分としっかり向き合ってから婚活に臨みましょう。

 

「結婚したい」と感じる人の特徴

「焦ったっていいことない」なんて頭ではわかっていても、急には切り替えられませんよね。

ここに、「結婚したい」と思われる人の特徴をまとめてみました。

 

  • 一緒にいて楽しい、落ち着く
  • 性格が合う
  • 価値観が合う
  • 優しさ、包容力

 

どれも内面に関する特徴。

「家族」になるのだから、当然と言えば当然ですよね。

 

これから長い時間を一緒に過ごしていくことを考えれば、居心地のいい人を選ぶのがベスト。

楽しい気分にしてくれる人、飾らない自分を受け入れてくれる落ち着ける人が選ばれる理由がわかりますね。

 

性格や価値観が合えば、トラブルが起きにくいのでこれらも重視すべき点。

たとえ完全一致じゃなくても、相手の考えに同調できる優しさや、ちょっとした衝突も包み込んでくれる包容力があれば「二人で乗り越えていけそう」と思えます。

 

あなたはどうでしょうか。

自分に足りていない要素があるなと感じたら、一度自分を見つめなおしてみるといいですよ。

 

「結婚したい」人が今スグ実践したいこと

「そうは言っても出会いがない」というあなたには、結婚相談所やオンライン結婚相談所がおススメです。

結婚に真剣な男女が全国から集まっているので、恋活アプリなどと比較すると出会ってから結婚までの期間が短いのが特徴です。

 

中でも、オンライン結婚相談所は時と場所を選ばず、いつでもどこでも自分のペースでできるのでお手軽です。

2つほどご紹介します。

 

エン婚活

エン婚活
エン婚活の基本情報
種別婚活サイト
運営会社エン婚活エージェント株式会社
会員数3万人以上
提携先コネクトシップ
登録料9,800円(税抜)
基本月額料金12,000円(税抜)
年齢層30代~40代
証明書提出あり(本人証明書・独身証明書・年収証明書・学歴証明書)
入会資格男性20歳~65歳、女性20歳~55歳、男性は定職に就いていること
対応エリア北海道、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、福岡
男女比
男性43%
女性57%
エン婚活の評判・口コミへ

エン婚活は、手軽な料金で始められるオンライン結婚相談所です。

 

  • 比較的安く婚活できる
  • 動画で婚活のノウハウを身につけることが可能
  • 成婚率が高い

 

結婚相談所というと、入会金や月会費など、どうしても初期費用や活動期間中もなにかとお金が掛かります。

エン婚活は、他の結婚相談所と比べると比較的手が出しやすい値段で始めることができるので安心です。

また、自己分析、セルフブランディング、好感演出力といった婚活のノウハウ講座が学べます

恋愛に自信がない人、恋愛から遠ざかっていた人には嬉しいサービスですね。

成婚率も22.3%と業界内でも高く、結婚に前向きな人におススメです。

公式リンクはこちら。↓

 

コストを抑えて婚活するなら

結婚相談所の非じゃない安さ!
- 3ヶ月間コンタクトできなければ全額返金 -

 

スマリッジ

スマリッジ

 

「結婚」はゴールではありません。

焦って判断すると、誤った相手を選択してしまうことも。

そこで今回は、「結婚したい」と思った人のために「失敗しないためのテクニック」をご紹介します。

 

 

『結婚したい』と思うのはどんな時?

「一人だと寂しい」「子どもが欲しい」「家族を持ちたい」など、一人でいることへの寂しさから結婚を意識する人が多いようです。

一人暮らしだと、病気になって寝込んだりした時に「このまま死んだら誰にも見つけてもらえないかもしれない」と急に不安に駆られることもありますよね。

 

ユン
ユン
パートナーがいれば、このような心配とは無縁だし、なにより楽しいことをシェアできる人がいるのは結婚している人のメリットですよね。

 

ただ、「結婚したい」と思ってもすぐにできるものではありません。

相手探しから始め、時間を掛けて結婚相手としてふさわしいかどうか見極めなければ。

そうるすと、焦る気持ちに拍車が掛かり間違った方法で結婚相手を探しがち。

あなたは当てはまっていませんか?

 

本当にそれで、上手くいく?失敗しがちな理由3選!

「結婚」を焦るが故に起こしてしまう失敗しがちな理由を、いくつかご紹介します。

 

「結婚できそう」「誰でも」と妥協する

  • 「年齢」
  • 「婚活で成果が出ない」

 

これらがネックになって、投げやりな思考になりがち。

「誰でもいいから結婚したい」という「結婚」が目標になってしまうパターンは、余計に結婚相手を遠ざけてしまいます。

このような方は、マッチングまでは早くても、いざお付き合いを始めてみたら「相手と合わない」ことが段々浮き彫りになってきたりします。

「でも次は無いかもしれない…」など見て見ぬフリをして、取り返しのつかない状況までズルズル付き合ってしまうことも。

それでは今までの時間がすべて水の泡。

結局最初から婚活をやり直すハメになってしまいます。

 

無計画に行動せず、相手の理想像をしっかり持ちましょう。

 

ユン
ユン
どんな人と結婚したいのか思いつくままに書き出してみて、そこから優先順位をつけるといいですよ。

 

内面ではなく「条件」で選ぶ

結婚相手となると、どうしても「職業」「年収」「子どもの有無」など、条件で判断しがち。

しかし、相手の内面をないがしろにすると、「この人は自分のことじゃなくてスペックだけチェックしてるんだな…」と相手から敬遠されてしまうでしょう。

中には質問攻めをしてしまい、相手を引かせてしまうことも。

 

ユン
ユン
これでは「婚活」というより「面接」ですよね。

 

こんな態度では、相手から嫌な印象を持たれてしまいます。

相手がどんな人なのかを知るのはとても大切ですが、条件チェックの堅い会話にならないよう、雑談から相手の人となりを汲み取るようにしましょう。

「趣味」や「お休みの日は何をしていますか?」など、相手の日常がイメージできるような質問が良いでしょう。

 

お付き合いをすっ飛ばして結婚へ

付き合う = 結婚ではないことを再認識しましょう。

恋人ができたらすぐに結婚を迫る人がいますが、相手にとってはプレッシャーでしかありません。

そんな必死感に相手はすっかり引いてしまい、結婚に対して前向きに考えることが難しくなってしまいます。

 

ユン
ユン
プレッシャーは心地いいものではありませんよね。

 

ここは焦る気持ちを隠し、お付き合いを楽しみましょう。

仮に結婚前提の付き合いをしていたとしても、結婚には「タイミング」があります。

「この人と結婚したいな」と強く思ってもらうためには、日々コツコツと幸せの思い出を積み上げることが大切。

ふと振り返ったときに、「幸せな思い出しかない」とあなたの魅力に改めて気付き、これからも一緒にいたいと思ってもらえます。

 

ユン
ユン
結婚するかどうかわからない人との付き合いはしたくない!という思いは相手に伝わってしまいますよ。気を付けて。

 

理想の結婚生活をイメージして

結婚の先をイメージすることで、自然と「その生活を送るためにはどんな相手だったらいいか」も見えてくるでしょう。

明確なゴールが見えれば、それに沿った婚活ができるようになります。

間違っても、「この人なら結婚できそう」「誰でもいい」という発想にはならないはず。

 

例えば、私は働くことが好きで、絶対に職は手放したくないと考えていました。

だから結婚しても、共働きを受け入れてくれる男性がいいなと思い、そのような相手(今の夫)と結婚に至りました。

夫はそれに対し「君のやりたいようにしよう!」と前向きで、私が家事に手が回らない時は夫が家事をやっています。

嫌な顔一つせず、「仕事頑張って」と紅茶を淹れて励ましてくれる時も。

 

婚活で大事なのは、「結婚すること」ではなく、「どんな結婚生活を送りたいか」

理想の結婚生活が見えれば、理想の相手がイメージできます。

理想の相手が見えれば、そういう人と出会うにはどんな婚活をすればいいのかがわかります。

 

ユン
ユン
自分としっかり向き合ってから婚活に臨みましょう。

 

「結婚したい」と感じる人の特徴

「焦ったっていいことない」なんて頭ではわかっていても、急には切り替えられませんよね。

ここに、「結婚したい」と思われる人の特徴をまとめてみました。

 

  • 一緒にいて楽しい、落ち着く
  • 性格が合う
  • 価値観が合う
  • 優しさ、包容力

 

どれも内面に関する特徴。

「家族」になるのだから、当然と言えば当然ですよね。

 

これから長い時間を一緒に過ごしていくことを考えれば、居心地のいい人を選ぶのがベスト。

楽しい気分にしてくれる人、飾らない自分を受け入れてくれる落ち着ける人が選ばれる理由がわかりますね。

 

性格や価値観が合えば、トラブルが起きにくいのでこれらも重視すべき点。

たとえ完全一致じゃなくても、相手の考えに同調できる優しさや、ちょっとした衝突も包み込んでくれる包容力があれば「二人で乗り越えていけそう」と思えます。

 

あなたはどうでしょうか。

自分に足りていない要素があるなと感じたら、一度自分を見つめなおしてみるといいですよ。

 

「結婚したい」人が今スグ実践したいこと

「そうは言っても出会いがない」というあなたには、結婚相談所やオンライン結婚相談所がおススメです。

結婚に真剣な男女が全国から集まっているので、恋活アプリなどと比較すると出会ってから結婚までの期間が短いのが特徴です。

 

中でも、オンライン結婚相談所は時と場所を選ばず、いつでもどこでも自分のペースでできるのでお手軽です。

2つほどご紹介します。

 

エン婚活

エン婚活
エン婚活の基本情報
種別婚活サイト
運営会社エン婚活エージェント株式会社
会員数3万人以上
提携先コネクトシップ
登録料9,800円(税抜)
基本月額料金12,000円(税抜)
年齢層30代~40代
証明書提出あり(本人証明書・独身証明書・年収証明書・学歴証明書)
入会資格男性20歳~65歳、女性20歳~55歳、男性は定職に就いていること
対応エリア北海道、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、福岡
男女比
男性43%
女性57%
エン婚活の評判・口コミへ

エン婚活は、手軽な料金で始められるオンライン結婚相談所です。

 

  • 比較的安く婚活できる
  • 動画で婚活のノウハウを身につけることが可能
  • 成婚率が高い

 

結婚相談所というと、入会金や月会費など、どうしても初期費用や活動期間中もなにかとお金が掛かります。

エン婚活は、他の結婚相談所と比べると比較的手が出しやすい値段で始めることができるので安心です。

また、自己分析、セルフブランディング、好感演出力といった婚活のノウハウ講座が学べます

恋愛に自信がない人、恋愛から遠ざかっていた人には嬉しいサービスですね。

成婚率も22.3%と業界内でも高く、結婚に前向きな人におススメです。

公式リンクはこちら。↓

 

コストを抑えて婚活するなら

結婚相談所の非じゃない安さ!
- 3ヶ月間コンタクトできなければ全額返金 -

 

スマリッジ

スマリッジ
婚活サイト「スマリッジ」
スマリッジの基本情報
種別婚活サイト
運営会社SEモバイル・アンド・オンライン株式会社
会員数5万2,000人以上 ※提携先含む
提携先日本結婚相談協会JBA、コネクトシップ
登録料6,000円(税抜)
基本月額料金9,000円(税抜)
年齢層20代~50代
証明書提出あり(身分証明書・独身証明書・収入証明書・学歴証明書・資格証明書)
入会資格男女とも20歳〜65歳、男性は定職に就いていること
対応エリア北海道、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
男女比
男性55%
女性45%
スマリッジの評判・口コミへ

スマリッジは、圧倒的に安い料金で真剣婚活ができるオンライン結婚相談所です。

 

  • 1万前後で婚活できる
  • 家に居ながら婚活がスマホで完結
  • 独身証明書提出だから、真剣婚活ユーザーしかいない

 

エン婚活も結婚相談所の中では比較的安い値段でしたが、スマリッジはそれを越えてダントツに安い!

会員数もエン婚活を凌いでいます。

スマホ1台でより多くの人と出会えるのは嬉しいですよね。

また、会員は身元が確かな人しか登録しておらず、かつ全てがオンラインで完結する所が魅力的。

気になる方は早速ホームページをチェックしてみましょう。↓

 

ユン
ユン
スマリッジの方が私はおススメ。後から始まったサービスで、あらゆる面でエン婚活を抜いています。

コスパ最強の真剣婚活

家に居ながらお見合いできちゃう。
- 3ヶ月間お見合いできなければ全額返金! -

 

まとめ

この記事のまとめ

  • 焦っちゃダメ。
  • 結婚の先を意識して。
  • 必要であれば結婚相談所、オンライン結婚相談所を使いましょう。

 

焦る気持ちは痛いほどわかるけど、そういう時こそ冷静に。

「理想の結婚生活」をしっかりイメージして、それに合う理想のお相手を探しましょう。

 

ユン
ユン
うまくいかない時こそ、人生を変えるチャンスです。