ブライトマッチ体験談|20代女子が審査を経て高学歴男性と出会うまで。

ブライトマッチ体験談|20代女子が審査を経て高学歴男性と出会うまで。
あきら

この記事の案内人

あきら


30歳の都内勤務のOL。婚活中で、23~29歳までの期間で結婚相談所3社、マッチングアプリ9社を使い、出会った男性の数は143人。友人から「婚活ソルジャー」と名付けられる。現在はマッチングアプリ経由で出会った男性と交際中。

「頭のいい人と出会いたいけど、どのマッチングアプリを使えばよいかわからない」といった疑問を抱えていませんか?

頭のいい人・高学歴の人と出会いたいと考えたとき、どのような手段が良いのか迷ってしまいますよね。

 

今回は、高学歴の人と出会える「ブライトマッチ」を紹介します。

ブライトマッチをこれから使いたいと考えている方の参考になるように、ブライトマッチを使った私の体験談・評価をお伝えしていきます。

 

これを読めば、あなたもブライトマッチに対する疑問が解消できるはず。

あきら
あきら
ブライトマッチを利用して1か月で9人の男性と会い、実際にその中の一人と付き合うまでに至った私が、紹介していきます。

ブライトマッチ20代女子体験談

あきら
あきら
まず始めに、私の簡単な自己紹介をします。

【プロフィール】

年齢:29歳(ブライトマッチを使用していた当時)

職業:事務職

出身大学:割と有名な私立大学

もともとブライトマッチを使用する前は、他のマッチングアプリも使用していたのですが、下記の点に不満を感じていました。

 

  1. メッセージのやり取りだけでなかなか異性と出会えない
  2. 自分の学歴が高いことで、男性と知り合って後々自分の学歴がばれたときの会話が面倒。

 

もともと私はメッセージの細かいやり取りが苦手な方で、メッセージのやり取りを知らない異性と行うのは面倒に感じてしまうことが多かったです。

 

街コン等の場面だと、自分の学歴がばれて、男性から「小賢しそう」等思われることが嫌で、自分の学歴を基本的に隠すようにして活動していたので、息苦しい面も多々ありました。

 

そのような状況の時に、相手の学歴が自分と同等かそれ以上であれば、相手も自分のことを気にせず接してくれるのではないかと思い、出会ったのがブライトマッチでした。

ブライトマッチの審査

ブライトマッチは登録してすぐ使えるわけではなく、事前にFacebookでの審査があります。

 

審査といっても、基本的には基礎情報を入力して待っているだけなのでとても楽です。

 

審査に関しては他の記事で詳しく書いていますので、ブライトマッチの審査に関して詳細に知りたい方はそちらをご覧になってくださいね。

 

実際に出会ったのはこんな人

私がブライトマッチで出会った男性を詳しく紹介します。

次のような男性です。

お名前:Aさん

年収:1000-1500万円

年齢:30代前半

職業:外資系金融機関

特徴:海外旅行が好きで、これまでいろいろな国に行かれたそう。

資格を取得されて、最近外資系金融機関に転職された。

Aさんとはメッセージのやり取りを数回したのちに、都内でランチをご一緒することになりました。

お店は、Aさんが都内のお店を予約してくださいました。

「こういうレストランをさっと予約してくださるところが素敵だな」と感じました。

 

お店の前で待っていると、Aさんが来て「あきらさん、はじめまして。本日はよろしくお願します。」と声をかけてくださいました。

その後、お店に一緒に向かいました。

 

実際のお店は、女性に人気のお店だったのか女性がとても多く、雰囲気が素敵なお店で少し委縮してしまいました。

 

席に着いてからは、Aさんの仕事・趣味の話等を伺いました。

仕事で資格を取って転職されていて、非常にお仕事に前向きな方でした。

 

他にもお互いの出身大学のキャンパス等の話もしました。

通常の合コン等ですと、煙たがれるのが嫌で自分の学歴の話をしなかったり、大学の話になるとすぐ別の話に切り替えてごまかしてしまったりしていましたが、ブライトマッチのサイトにいる方は皆さん高学歴なので、自分が気を遣わなくて良いのが楽でした。

 

実際に食事を終えた後は、Aさんとラインを交換しました。

 

Aさんとはラインを交換しただけで、その後のやり取りはしませんでしたが、教養が高くてお仕事も頑張っていて、尊敬できる方でした。

 

ブライトマッチにはこんな人もいた!

私がブライトマッチで出会った人の中には、お医者様もいました。

 

お名前:Bさん

年収:1000-1500万円

年齢:20代後半

職業:医師

特徴:水泳が好きで、定期的にジムに通い運動をしていらっしゃるそう。

この方とも実際にお会いすることができて、ディナーをご一緒しました。

 

実際のBさんは、落ち着いていてお優しそうな方で、とても話しやすかったです。

 

Bさんのお話を聞くと、院内ですとどうしても出会いの幅が狭いので、ブライトマッチ等を使っているとのことでした。

 

「お医者さんとか何もしなくてももてそうだけど、こういう方も登録しているのだな」と、改めで登録されている会員の方の幅の広さに驚きました。

 

Bさんとは1回食事をした後は何も連絡のやり取りをしなかったので、その後会うことはありませんでしたが、普段の生活で会うことができないような方とお話しできたことは良い経験になりました。

 

ブライトマッチの注意点

ブライトマッチで気を付けるべき点は下記の2点です。

ブライトマッチの注意点

  • メッセージをだらだらしないで、早く会う
  • 初回はランチデートにした方が良い

 

ブライトマッチでは、プロフィール写真の登録が無いので、事前に写真を確認することができません。

 

実際に会わないとどのような人かわからないので、会う前にメッセージのやり取りを長くするのはなくて、取りあえず会ってみてから、次も会いたいか等を考えていけばよいと思います。

 

会う前にメッセージのやり取りを長くするのは時間の無駄なのでやめた方がいいです。

 

初めて会うときは、時間帯は夜の時間ではなく昼の時間にした方が良いです。

 

ランチでしたら、たとえ相性が悪くてあまり話が続かない人だったとしても、1時間程度で切り上げられるからです。

 

もし夜の時間帯の場合だったとしても、あまり長時間ではなく、初回は短い時間にしておいた方が「もっと話したい」等思ってもらえる余地があるので、初回であまりだらだら時間を費やして長く話すことはやめた方がいいです。

 

ブライトマッチはこんな人におすすめ

  1. 自分自身が高学歴で、頭のいい人が好きな人
  2. メッセージのやり取りがあまり得意ではなくて、メッセージするよりもすぐに会いたい人
  3. (女性の場合)合コン等で自分が高学歴なことがばれるのが嫌で、学歴の話題を避ける等していて窮屈な思いをしている人

知識が豊富で頭のいい方は、異性として魅力的に映りますよね。

 

私も頭のいい人と出会いたいと考えたので、ブライトマッチを使い始めました。

 

他のマッチングアプリだと、メッセージのやり取りを1週間くらいして、その後会うといったような流れだったので、知らない人とメッセージのやり取りをするのが苦手な私は精神的に苦痛でした。

 

その点、ブライトマッチはすぐに会うことが推奨されていたので、メッセージをだらだらして時間を浪費することが少なくて良いと感じました。

 

女性は高学歴だと、「もし学歴がばれたら煙たがれるのではないか」「小賢しいとか思われるのではないか」等考えてしまって、合コン等で学歴の話題を避けたり、他の話題にしようとしたりと、気を遣うもの。

 

ブライトマッチでは、会員の方皆さんの学歴が高いので、そのように気を遣う必要が無かったのはとても良かったです。

 

ブライトマッチ体験談のまとめ

この記事のまとめ

  • ブライトマッチでは高学歴の人に出会える
  • 出会える男性は、仕事を頑張っている方、教養のある方が多い
  • 会う前の長いメッセージのやり取りが苦手で、すぐ会いたい人にも適している

ブライトマッチには、このようなメリットがありました。

 

特に、女性で自分の学歴が高いことを恋愛においてコンプレックスに感じている方には、ぜひおすすめのサービスです。

 

女性は初月無料のサービスもやっているので、とりあえずの気持ちで気楽に始めてみるのも良いかも。

 

あきら
あきら
あなたの恋活の参考に少しでもなればうれしいです。

良い出会いがありますように!