withのメッセージは既読機能は使うべき?メリットや料金・既読無視の対処法を解説

マッチングアプリでメッセージのやり取りをする時、相手がメッセージを読んだか気になりますよね。

withには相手がメッセージを読んだか分かる既読機能が付いており、一目で相手が読んだかどうか確認できます。この記事では、withの既読機能のメリットや料金のほか、既読無視されないようにする方法を伝授します!

あやの
これさえ読めば、withのメッセージのやり取りでむやみに悩むことはありませんよ!

名前目的男性料金女性料金男性年齢層女性年齢層特徴総合評価口コミ平均リンク
ペアーズ
恋活
婚活
3,590円~
無料
20代~30代
20代~30代
  • マッチングアプリ利用率No,1。
  • 「コミュニティ」なら共通点や趣味で相手を探せる。
92点
3.5点
タップル
デート
恋活
3,700円~
無料
20代
20代
  • 毎月10,000人以上のカップルが誕生。
  • 理想のデートプランでマッチングできる。
89点
3.3点
with
恋活
3,600円~
無料
20代・30代
20代・30代
  • マッチングアプリ利用者増加率No1。(出典 SensorTower / 2022年度実績 主要マッチングアプリ5社比較)
  • 心理学を用いた独自の心理テスト、価値観診断から相性がいい相手を探せる。
87点
3.4点
withの画像1
withの画像2
withの画像3
withの画像4
withの画像5
with
with
目的
恋活
利用者の特徴
恋人探し
年齢層
20代・30代
対象利用者
18歳以上、独身者のみ
男性基本料金
3,600円〜
女性基本料金
無料
オプションプラン
あり
デート機能
あり
男女比
男性50%
女性50%
運営会社
支払方法
クレジットカード、Apple ID支払い、Google Play支払い
対応OS
iOS、Android
登録方法
Facebook、電話番号、Apple ID
本人確認方法
身分証の画像提出
本人確認書類
運転免許証、健康保険証
任意の提出書類
なし
サポート
メール
更新日:
あやの
執筆者
恋愛ライター

アラサー都内OL。副業ライター。興味本位で行った結婚相談所で興味を惹かれその場で入会。1ヶ月後に出会った男性と意気投合しお付き合い後、半年後に成婚退会。

首藤 こず恵
監修者
M2W編集長

20代後半女性。結婚相談所サンマリエへの勤務経験を持つ。男女問わず数々の婚活の悩みを聞き、アドバイスをした経験から婚活全体の情報を婚活者側・運営側の両方の目線で発信中。

M2Wの記事は専門家の意見や利用者のインタビュー等をもとに、独自で作成しています。企業様より広告を出稿いただく場合もありますが、商品やサービスの評価やランキング、掲載内容に影響を及ぼすことはございません。
詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご確認ください。

withの既読機能とは

withの既読機能とは

withの既読機能とは、相手が自分のメッセージを読んだかどうか分かる機能です。相手が、メッセージを読むと送ったメッセージの左下に「既読」マークがつきます。

既読機能を使うためには、男女ともに有料のVIPオプションへの加入が必要です。

既読をつけずにメッセージの確認はできない

withでは、既読をつけずにメッセージを確認することはできません。メッセージを一度開いてしまうと必ず既読マークが付いてしまいます。

LINEのように、通知やメッセージ一覧を長押しして、既読をつけずにメッセージを読むことができないので注意しましょう。

既読機能を使っていることは相手にバレない

既読マークは、自分のメッセージ画面だけに表示されます。相手側のメッセージには、既読マークは表示されないので既読機能を使っていることはバレません。

恋活・婚活におすすめ

価値観診断で相性がいい人を探せるのはwithだけ

withの既読機能のメリット

withの既読機能のメリット

withに既読機能のメリットは、以下の3つです。

  • 相手が読んだかどうか不安を解消できる
  • 相手に既読スルーされていることが分かり、諦めがつく
  • LINE交換をする必要がなくなり、アプリ内でメッセージのやり取り可能

既読機能を使うこで「相手に読んでもらえた安心感」を得られる一方、既読スルーされると相手に興味を持たれていないことが分かります。その結果、相手との関係を今後どのように進めていくかを考える目印にもなります。

また、LINEのようにやり取りできるので、連絡先を交換せずに話ができるのもメリットです。

withの既読機能は男女有料!VIPオプションの料金と利用条件

withの既読機能は男女有料!VIPオプションの料金と利用条件

既読機能が使えるVIPオプションの料金と利用条件を紹介します。

VIPオプションは、既読機能以外にもwithが便利になる機能が追加されるので、VIPオプションについて詳しく知りたい人はこちらの記事がおすすめです。

料金

withのVIPオプション男性料金
クレジットカードApple IDGoogle Play
1ヶ月
プラン
2,900円/月
3,500円/月
3,500円/月
3ヶ月
プラン
2,467円/月
一括払い 7,400円
2,800円/月
一括払い 8,400円
2,800円/月
一括払い 8,400円
6ヶ月
プラン
1,900円/月
一括払い 11,400円
2,300円/月
一括払い 13,800円
2,300円/月
一括払い 13,800円
12ヶ月
プラン
1,067円/月
一括払い 12,800円
1,816円/月
一括払い 21,800円
1,734円/月
一括払い 20,800円
withのVIPオプション女性料金
クレジットカードApple IDGoogle Play
1ヶ月
プラン
2,600円/月
2,900円/月
2,900円/月
3ヶ月
プラン
2,200円/月
一括払い 6,600円
2,266円/月
一括払い 6,800円
2,266円/月
一括払い 6,800円
6ヶ月
プラン
1,700円/月
一括払い 10,200円
1,900円/月
一括払い 11,400円
1,900円/月
一括払い 11,400円
12ヶ月
プラン
950円/月
一括払い 11,400円
1,483円/月
一括払い 17,800円
1,483円/月
一括払い 17,800円

料金は、女性の方が安くなっています。男性は、有料会員とは別にVIPオプションの料金も追加で払うことで使うことができます。

利用条件

withのVIPオプションに入るためには、本人確認が必須になります。本人確認に必要な書類は、以下の中から1つを選んで申請しましょう。

本人確認の書類

  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • 年金手帳
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳
  • 障害者手帳
  • 在留カード
  • 療育手帳
  • 特別永住者証明書

学生証やクレジットカードは本人確認書類にはなりません。

これらの書類の写真をアップロードし、運営会社に目視でチェックをしてもらいます。本人確認をしないとメッセージのやり取りもできないので、withに登録したらなるべく早めに本人確認を済ませましょう。

本人確認は、早くて1時間以内、少なくとも24時間以内には確認が終了します。

withの既読機能は使うべき?

withの既読機能は使うべき?

既読機能を使うためには費用がかかるため、既読だけが気になるなら使う必要はありません。自分のペースでやり取りしたいと思う人も既読機能は必要なし。

既読機能を使うべき人の特徴

既読機能は、このような人におすすめの機能です。

  • メッセージを円滑に進めたい
  • LINE交換はしたくないが、既読未読が気になる

既読が分かることでに、次に送るメッセージの内容を早めに考えられたり、相手のメッセージのテンポが分かったりします。円滑にやり取りができるようになるので、仲も深まりやすいです。

また、「LINE交換はしたくないけど、既読未読が気になる」という人にもおすすめ。LINEと同じような感覚でメッセージを楽しくことができます。

恋活・婚活におすすめ

価値観診断で相性がいい人を探せるのはwithだけ

withで既読無視される5つの原因

withで既読無視される5つの原因

withの既読を使うと、既読無視されたことが分かるようになります。せっかくやり取りが始まったのにメッセージが終わってしまうのは悲しいですよね。withで既読無視される人には、5つの共通点があります。

  • 会話がつまらない
  • 返信が遅い
  • 要注意人物だと思われた
  • 既読が早くて怖いと思われた
  • 優先順位が低い
あやの
よく既読スルーされてしまいがちな人は、自分にあてはまる部分がないか確認しましょう!

会話がつまらない

「会話がつまらない人」「話が弾まない人」は、既読無視されがちです。共通点がなく、話が盛り上がらなければ、会話を続けても意味がないと見切りとつけられてやり取りをやめてしまいます。

また、相手の話を聞いてばかりで会話のラリーが続かないようなメッセージを送っている人も要注意です。

相手が答えられるような質問をしたり、相手が興味のあることを話題にしたりと、会話がつまらないと思われないように工夫しましょう。

返信が遅い

メッセージの返信が遅い人も、既読無視をされます。マッチングアプリは同時進行でやり取りするのが当たり前です。やり取りのテンポが遅いと、マッチングしていたことすら忘れられてしまいます

忙しくて返信できない時以外は、相手の返信速度に合わせるのが大切です。

要注意人物だと思われた

個人情報を聞いたり、下ネタを話したりすると要注意人物だと思われてしまいます。要注意人物に実際に会うのは怖いため、デートに発展しないように既読無視するのです。

最悪の場合、ブロックや通報されることもあります。

あやの
相手が不快な思いをするような話を振るのはやめましょう。

既読が早くて怖いと思われた

既読が早いと「いつも自分の返事を待っているようで怖い」と、恐怖を与えることがあります。メッセージにすぐ既読がつくことで、ストーカーのように勘違いされてしまいます。

メッセージを早く確認したい気持ちは分かりますが、既読をつけるのは少し時間を置いてからにしましょう。

優先順位が低い

相手の中で優先順位が低くなると、既読無視が多くなります。優先順位が低くなる原因は、会話のつまらなさや返信の遅さが原因です。

返信がそっけなくなったり相手が新しい話題を出してこなくなったりすると、既読無視される予兆です。

メッセージを送ってから数日間返信がない時は、諦めて新しい人を探しましょう。

withで既読無視をされた時の対処法

withで既読無視をされた時の対処法

withで既読無視されてしまった場合、焦ってメッセージを送っても返信は来ません。

ここでは、既読無視された時の対処法を紹介します。

2日は返信を待つ

返事が来ない時は、少なくとも2日間は待ちましょう。

相手は仕事やほかの作業で返信できない場合もあります。何度もメッセージを送ると「催促されている」と思われて、自分勝手な印象になります。

返信を待っている間は、他の人とやり取りをして気を間際らせるのもおすすめです。

追撃メッセージは1通だけ

「早く返信がほしいから」という理由で、「返信まだ?」「何してるの?」と追撃メッセージを送ってしまう人も少なくありません。

しかし、付き合ってもいないのに何度もメッセージが送られてくると「しつこい」と思われるだけです。メッセージを見ているか確認したい場合は、1通だけ送るようにしましょう

諦めて新しい出会いを探す

既読無視が長く続いている場合は、脈なしと考えて新しい出会いを探しましょう。脈なしの人にいつまでも思いを寄せるのは時間も労力ももったいないです。

マッチングアプリには、多くのユーザーが登録しています。相性のいい人を見つけるためにも、既読無視をされたら早めに見切りをつけて出会いを探しましょう。

恋活・婚活におすすめ

価値観診断で相性がいい人を探せるのはwithだけ

まとめ

この記事のまとめ

  • withの既読はVIPオプションに加入することで確認することができる。
  • 既読を付けずにメッセージの確認はできない。
  • 既読が気になる人やメッセージを円滑に進めたい人は、既読機能を利用すべき。
  • 既読無視されたら、諦めて他の出会いを探す。

withの既読機能は、LINEのようにメッセージが円滑にできる便利な機能です。しかし、既読をつけずにメッセージの確認はできません。

また、相手が既読機能を使っているかは分からないので、既読が早いと恐怖心を与えてしまうことがあります。返信速度は相手に合わせ、急いでメッセージを確認しないようにしましょう。

もし既読無視されたら、諦めて新しい出会いを探しましょう。

あやの
既読機能をうまく活用しながら、素敵な人を見つけてくださいね!

価値観診断で相性がいい人を探せるのはwithだけ

with

withは価値観診断を用いた性格分析で相手を紹介してくれる画期的なサービス。

 

世界中の心理学研究で利用されている性格診断「ビックファイブ性格診断」

を利用して、考え方や価値観が合う相手が見つかります。

 

性格診断イベントも定期的に開催されているので、普通のマッチングアプリに飽きているアナタも楽しめる事間違いなし!

 

女性はもちろん全て無料ですが、男性も性格診断を無料で行えるので試してみる価値あり。

 

withはメインの年齢層が20代。

 

女性ユーザーの比率が他のマッチングアプリよりも高めなので、20代の若い女性と出会いたい男性にもおすすめ。   性格が合う相手と出会いたいならwithを選びましょう。

 

M2W編集長
まずは↓のボタンからダウンロードして、価値観診断から始めてみましょう!

恋活・婚活におすすめ

価値観診断で相性がいい人を探せるのはwithだけ