彼氏と価値観が合わないと感じたら|100人アンケートから対策を紹介

彼氏と価値観が合わなくて困っている。

そんな女性は多いですよね。

彼氏のことが嫌いになったわけじゃないけれど、価値観の違いにモヤモヤしたり。

もしかして相性が悪いのかも?と不安になってしまうこともあります。

そこで今回は、100人の女性にアンケートを実施。

彼氏と価値観が合わないと感じたことのある人の割合を調べました。

  • アンケート実施日:2022年2月4日
  • アンケート対象:女性
  • アンケート内容:「彼氏と価値観が合わない」と感じたことはありますか?

みんなの体験談や、彼氏と価値観が合わないと感じた時の対策もご紹介。

白田なお
彼氏と価値観が合わなくて悩んでいる人は、解決策が見つかるかもしれませんよ。

名前目的男性料金女性料金男性年齢層女性年齢層特徴総合評価口コミ平均リンク
ペアーズ
恋活
婚活
3,590円~
無料
20代~30代
20代~30代
  • マッチングアプリ利用率No,1。
  • 「コミュニティ」なら共通点や趣味で相手を探せる。
92点
3.4点
タップル
デート
恋活
3,700円~
無料
20代
20代
  • 毎月10,000人以上のカップルが誕生。
  • 理想のデートプランでマッチングできる。
89点
3.2点
with
恋活
3,600円~
無料
20代
20代
  • マッチングアプリ満足度No1。
  • 心理学を用いた独自の心理テスト、性格診断から相性がいい相手を探せる。
87点
3.3点
この記事を書いた人
白田なお

30代前半の会社員。ブラック企業時代はがむしゃらに恋活していたが、どれも長続きせず。今は転職を機に、ワークライフバランスを取りつつマイペースな婚活を再開。

彼氏と価値観が合わないと感じた人の割合は?

バツマークを持つ女性

このグラフは、彼氏と価値観が合わないと感じたことがある人の割合を調査したものです。

グラフを見てみるとなんと94%もの人が、彼氏と価値観が合わないと感じたことがあるという結果に。

ほとんどの人が、彼氏との価値観のずれを経験しているということがわかります。

白田なお
次は、みんなが経験している「彼氏と価値観が合わなかった体験談」を紹介していきます。

彼氏と価値観が合わない時のみんなの体験談

女性

彼氏と価値観が合わないと感じるのは、どんな時でしょうか。

さまざまな場面でのみんなの体験談をご紹介していきます。

金銭感覚がずれている

ブランド品にこだわる彼氏

彼は、給料は私と変わらないのに高級志向が強いです。

私はファストファッションなど少し安めの洋服を買います。

彼はブランド品の洋服しか着ないというこだわりがあり、価値観が合わないと思いました。

旅行でのホテルのランク

旅行に行った時、私はきれいなホテルに泊まりたかったのですが、彼は遊びの方を充実させたかったみたいです。

「泊まることができるならどんなホテルでもいい」と言っていました。

金銭感覚で価値観の違いを感じる人は多いようです。

趣味や買い物にどれだけお金をかけるのか。

ブランド品にこだわる人と、全く気にならない人もいます。

白田なお
あまりにも金銭感覚が合わないと、価値観が違うと感じてしまいますね。

イベントや記念日に対する温度差

彼氏がイベントに興味なし

私はクリスマスなどのイベントを大切にしたいタイプだったのですが、彼氏は全く関心がありませんでした。

記念日を大事にしない彼氏

彼氏は記念日などを重視するタイプではなく、私の誕生日を忘れていたりする人でした。

彼氏がいると、クリスマスやバレンタインなどのイベントが楽しみになりますよね。

ほかにも、お互いの誕生日やお付き合いを始めた日などの記念日も特別なもの。

しかし、それらに対する温度差が大きいと、価値観の違いと言えるのかもしれません。

連絡や会う頻度

一人の時間がほしい

私は一人の時間を楽しみたいタイプで、最初は相手もそうだと思っていました。

しかし私よりは一緒にいたいタイプだったようで、合わないなと感じました。

歩み寄れる違いもあると思いますが、時間の使い方の違いはお互い負担になるので、別れることになりました。

毎日会いたい

私は彼氏と毎日会いたいし、会えない時は電話などしたいと思うタイプでした。

付き合った当初、彼氏は週に1回会えば大丈夫、電話も苦手というタイプで、かなり喧嘩をしました。

時間をかけてお互いの気持ちをぶつけ合い、私は彼氏の時間を尊重できるようになりました。

彼氏もできるだけ会える時は会ってくれたり、電話もしてくれるようになりました。

こまめに連絡したい人もいれば、そうでない人もいます。

連絡の密度や会う頻度も温度差を感じる要因の一つ。

毎日でも会いたい人と、会うのは月に一回でいい、といったカップルもいるようです。

白田なお
こういった感覚が違うと、価値観自体が合わないのかなと感じてしまいそうです。

時間感覚が違いすぎる

彼氏がいつも遅刻

彼氏との待ち合わせの時間で、最初は3分遅刻とか5分遅刻とかで、注意するような遅刻ではないかなと思っていました。

しかし、1時間の遅刻が常態化された時に、何で遅れたのと聞くと、遅れていないと返答された事がありました。

時間の考え方がズレていたので別れました。

ノンビリ動きたい人もいれば、効率的に時間を使いたい人もいます。

しかし、待ち合わせに毎回遅刻されたりするのはちょっと困るかも。

白田なお
時間感覚は言葉で説明しても、共感してもらうのは難しいのかもしれませんね。

食の好み

食事にこだわる彼氏

彼は食に妥協せず、私は毎日コンビニ弁当でも気にしません。

私が一食全てコンビニのお惣菜や主食、カット野菜にした所、ものすごく怒られました。

食べるだけが食事じゃない

食事の好みが合いません。

私はせっかくお金を払ってレストランに行くなら、雰囲気や居心地、そういったことも含めた料金だと思います。

しかし、相手はお腹いっぱいになればいいという考え。

おしゃれなところに行って食事した感想が、「まだ食える、牛丼食べたい」でした。

けっこう多いのが、食の好みが合わないという声。

食事は毎日のことですから、価値観がずれていると辛いですよね。

ちょっとした違いならまだいいのかもしれません。

白田なお
しかし、違い過ぎると困ってしまいますね。

感性が理解できない

本の感想

彼氏が落ち込んでいた時に、自分が辛かった時に読んで心が救われた本を渡しました。

後日、彼はその本について「いいことは書いてあるけどただそれだけだ」と言っていました。

彼には響かなかったようです。

ちょっとショックでした。

気にしない、というか、仕方ないなという感じです。

本や映画の感想が全然違うというのも、あるあるですね。

お互いの捉え方が違うと、感想を言い合ったりするのも面白そうです。

ただこれも、あまりにも異なる感性を持っていると不安になってしまうことも。

親との距離感

親と仲がいいだけなのに

私が家族と一緒に旅行や買い物に頻繁行っていることに対して、親離れ子離れが出来ていないと言われたことがある。

親の意見を重視する彼

二人の話なのに「親はこう言っている」と当時の彼氏はよく言っていました。

どうして二人の話なのに親が出てくるのだろうと理解できず、価値観が合わないと思いました。

親との仲が良好なのは、いいことですよね。

ただそれも、人によって感じ方が違うようです。

自分では普通の距離感だと思っていても、彼氏からはそうは見えていなかったり。

親にべったりしているように見える彼氏だと、ちょっと悩んでしまうかも。

白田なお
親の言うことを優先する彼氏だったら、価値観が違うと感じてしまうかもしれませんね。

アウトドア派かインドア派か

インドア派の彼氏と合わない

彼氏とデートをする時に、私はアウトドア派で外出したいが、彼氏はインドア派で家で過ごしたいと言い、意見が合いませんでした。

話し合いでお互い譲歩して、外出と家で過ごすのと半々くらいにしようということになりました。

アウトドア派かインドア派か。

これも、かなり大きな違いですね。

デートするにしても、どちらかが合わせないといけないことになってしまいがち。

どちらの価値観も大事にしつつ、上手く調整したいですね。

衛生観念が合わない

彼氏が大雑把

わたしは若干綺麗好きですが、彼はかなり大雑把な性格です。

なので、彼にはいちいち「元の場所に戻して」、「片付けて」、「ゴミ箱に捨てて」などと注意していました。

ガミガミいうと不機嫌になりそうなので、ちょっとおどけながら注意するように気をつけていました。

衛生観念が違う

彼氏は、トイレの扉を開けたままでトイレをしたり、お風呂に髪の毛を残したまま上がってきたり。

髭を家の中のそこらへんに捨てようとしたり、外したコンタクトを壁などにつけたりなどしていました。

こうした、生活の中での価値観の違いやズレがあった時に、やって!と怒るのではなく、言い方に気を付けて、遠回しにやってねと伝えて話し合うようにしていました。

今では、気を付けてやってくれるようになっています。

「清潔」と感じる感覚は人によって大きな差があるようです。

自分がきれい好きで、相手がそうでもないというのは困りもの。

彼氏の方も違和感を感じていないことが多いのでしょう。

もしかしたら、逆の場合もあるかもしれませんね。

考え方が違う

言葉に出してほしい

私は言葉にして好きとか愛してるとか言うけど、相手はそういうことを言わない人。

どう思われているか分からなくて不安になってしまいます。

異性友達への考え方

「異性間の友達感は絶対にない」という彼氏でした。

私は同級生の異性とも飲みに行きたいし、私も相手も下心がどうとか、そういう次元の付き合いではないです。

異性間の関係についての価値観が違いました。

コミュニケーションに対する考え方の違いを感じる人は多いようです。

どちらかの口数が極端に少なかったりすると、不安になってしまいますよね。

一般的には、言わなくても伝わるだろうと思っている彼氏が多いと聞きます。

また、異性友達との付き合いがありかなしか、というのも大きな要素。

絶対にだめ!という人もいれば、全然気にしないという人もいます。

白田なお
こういった感覚を理解していくのは、かなり時間がかかりそうです。

彼氏と価値観が合わない時の対策5つ

これは、彼氏と価値観が合わないと感じた時の対策をアンケートした結果です。

話すことで価値観をすり合わせるという人が約半数。

気にしないという人もいますが、約20%の人は「別れる方向に持っていく」とのこと。

やはり、価値観の違いは大きいのかもしれません。

とは言え、せっかくカップルになれたのだから、別れたくありませんよね。

価値観の違う彼氏とどうすれば上手くいくのか。

白田なお
その対策について見ていきましょう。

価値観をすり合わせる

まずは、お互いの価値観をすり合わせてみましょう。

不安に思っていることは素直に打ち明けてみてください。

彼氏が不満に思っていることも聞いてみましょう。

この時のポイントは、彼氏の価値観や意見を否定しないこと。

難しいかもしれませんが、ここはぐっとこらえて。

お互いの価値観をより深く知ることに集中しましょう。

感情優先ではなく、なるだけ合理的な解決策を探していきたいですね。

彼氏の方があなたの価値観を否定してきたら?

そんな時も、価値観をすり合わせる絶好のチャンスです。

もちろん、言いなりになったり、あなたが価値観を曲げる必要はありません。

言われた時にムカついたり、悲しくなったなら、その気持ちを伝えましょう。

自分はどうしてこの言動を取ったのか、補足してもいいですね。

「どうしてそう思ったの?」と、彼氏に聞いてみるのもいい方法です。

彼氏なりの価値観が深堀りできるかもしれません。

西日本や東日本といった、地域差による違和感だったりすることも。

加えて、価値観を強要したいわけではないと伝えておきましょう。

彼氏とあなたの間で、価値観のすり合わせをするという共通認識を作るのです。

お互いの関係をよくしていきたいという気持ちは、彼氏も同じのはず。

否定的な言葉のやり取りがあると、ついつい感情的になってしまうことが。

いつもお互いイライラして終わる、なんてことは避けたいですよね。

相手の価値観を尊重しつつ、自分の価値観も大事にする。

その上で、合わせられる部分は合わせていく。

白田なお
そうやって少しずつ、お互いが過ごしやすい環境を作っていきましょう。

会話を増やす

そもそも論ですが、最近彼氏とちゃんと会話の時間が取れていますか。

お互い忙しくてなかなか時間が取れない、という人も多いかもしれません。

あなたも彼氏も仕事で疲れている、といった場面もありますよね。

ようやく会えても、そんな時はなんだか余計に相手の言動にイライラしてしまいがち。

「どうしてこんなことするんだろう?」

「なんであんな態度を取るの?」

といった気持ちになりやすい状態です。

加えて会話も少ないと、自分の中でどんどんネガティブな解釈が広がってしまうかも。

そうならないためにも、まずは彼氏との会話を増やしてみましょう。

少しずつでOKです。

いきなり核心に触れる必要もありません。

まずは当たり障りのない話題から。

今日あったできごとや、最近読んだ漫画やアニメの話をしてみたり。

自分から話す内容が思いつかなかったり、間が持たないこともあるかもしれません。

そんな時は、彼氏に話を振ってみましょう。

話題がない時は、無難に仕事の話や体調について聞いてみるのがいいかもしれません。

あまり仕事の話をしたがらない男性もいますので、そんな時は別の話題を。

食べたいものを聞いて、一緒に外食に出かけてみるのもいい方法です。

気分も変わって、会話が進むかもしれません。

白田なお
そういえば最近、彼氏と会話が少ないかも?と思った人は試してみてくださいね。

歩み寄ってみる

彼氏の価値観に歩み寄ってみましょう。

自分の価値観を曲げるわけでもなく、彼氏の価値観を変えるわけでもありません。

理解はできないかもしれませんが、ひとまず理解の姿勢だけ示してみるのです。

共感できないかもしれませんが、問題ありません。

大切なのは、お互いの関係がよくなる可能性を諦めないこと。

「あなたの価値観を否定したいわけじゃない」ことを態度で示しましょう。

理想は、じっくり彼氏の考え方を聞いてみることです。

話の途中で否定したくなるかもしれませんが、そこはじっと我慢して。

最後まで根気強く話を聞いてみると、新たな気付きがあるかもしれません。

気付きがなかったらなかったでいいのです。

それはつまり「決定的に価値観が違う」ことが分かった、ということ。

もしそうだった場合は、次のステップです。

白田なお
以下のような割り切った対策を取っていきましょう。

干渉しないと割り切る

違う人間なのだから、価値観は違って当然と割り切りましょう。

彼氏は彼氏、自分は自分と考えて、干渉しないようにするのです。

一緒に過ごす時間が長いと、違和感に目が行ってしまうことも多いでしょう。

しかし、彼氏も自分も違う人間です。

  • 生まれた場所や年齢
  • 家族構成
  • 育った環境
  • 親とのコミュニケーションの取り方
  • 通った学校
  • アルバイトの経験や職場環境
  • 友人関係

などなど、これ以外にも異なる点はたくさんあります。

兄弟であっても価値観が合わないことはあります。

ましてや、彼氏はもともと他人だったわけです。

合わないところはあって当然。

相手の言動についついツッコミを入れてしまう人は、一度やめてみましょう。

どうしても気になってモヤモヤしてしまう人は、言い方を変えてみて。

  • 「その服、変だよ」よりは、「その服、どこで買ったの?」。

  • 「何それ、マズそう」よりは、「それ、どんな味がするの?」。

  • 「みっともないからやめなよ」よりは、「こうするともっと格好いいよ」。

自分の注意を別のところに逸らしてみるのもいい方法です。

気にはなるけど好みの問題かな、という程度の時にやってみてください。

彼氏の行動が目に付いたら、テレビの方に集中してみる。

スマホを触ってみたり、席を外してみたり。

意識を別のところに持っていってみると、意外に気にならなくなっていくこともあります。

それでもどうしても我慢できない。

気になってしまってイライラする。

ストレスが溜まってしまう。

白田なお
そんな人は、このあとの記事もしっかりと読んでみてください。

別れを検討する

思い切って、別れを検討してみましょう。

何とかしようと無理して頑張り続けるのは苦しいもの。

価値観の合わない相手とずっと一緒にいる必要はありません。

ここにいたるまでに、さまざまなことを試してみたと思います。

価値観をすり合わせてみたり、考え方を変えてみたり。

彼氏のことを好きだからこそ辛い、という人も多いでしょう。

それでも、どうしても上手くいかないことはあります。

どちらか一方が辛いこともあれば、お互いが気を張って疲れてしまう状態もあり得ます。

ただ、結婚間近だったりして、別れるのは現実的ではない、という人もいるかもしれません。

彼氏のことが大好き!という人もいるでしょう。

そんな時は、こう考えてみてはいかがでしょうか。

「別れる」とは、「距離を置く」とも言いますよね。

そうです。

文字通り、少し「距離を置く」のです。

離れてみると、見えてくるものがあります。

もしかしたら、以下のような気付きがあるかもしれません。

  • 価値観が合わないと思っていたけれど、疲れてイライラしていただけだったのかも。
  • 他の人はこうやって工夫しているんだな。
  • 金銭感覚というよりは、彼氏が私のことを気にしていない感じが悲しかったんだ。

問題の本質が思わぬところにあるかもしれません。

そうなったら、また会話を増やしてみたり、逆に割り切って減らしてみたり。

離れてみるとラクになった、という人もいるかもしれません。

逆に、彼氏のもとに戻ったらやっぱりつらい。

それでも別れたくない。

そんな人は、息抜きや気分転換を増やしていきましょう。

自分のお気に入りのカフェを見つけてみるのはどうでしょうか。

外出する時間がない人は、癒される音楽や本を集めてみたり。

息抜きを増やしつつ、価値観のすり合わせや会話も継続していきましょう。

一度お付き合いした人と別れるのは、辛いものです。

人生における一大事とも言えます。

気軽に付き合ったり別れたりを繰り返す人もいますし、それも一つの「価値観」です。

しかし、こうして悩んでいるあなたは、違いますよね。

彼氏との価値観の違い何とかしたい、関係を良くしたいと考え抜いている人が多いはず。

そんなあなたにだからこそ、たとえばこうした切り替えを持ってほしいのです。

一度別れたカップルが、再び付き合ってはいけない決まりはありません。

一度お別れをしても、復縁するカップルや夫婦はこの世の中にたくさんいます。

どうしても悩んで悩んで、苦しい思いをしてはいませんか。

そうであれば、お互いのためにも一度別れることを検討してみてください。

あなたが「価値観が合わない」と感じている場合、彼氏も同じように考えていることが多いです。

頭でいくら考えても、割り切れないことは多々あります。

思い切って、環境を変えてしまうのです。

お互いの関係がよくなる未来が待っているかもしれません。

「運命の相手であれば、どんな形であれ最終的には結ばれるものだ」と語る経験者もいます。

そうでなくても、新たな出会いの可能性もあります。

価値観を合わせようとしてストレスが溜まり続けてはいませんか。

白田なお
そんな時は、別れるという選択肢も考えてみてください。

まとめ

この記事のまとめ

  • 「彼氏と価値観が合わない」と感じたことのある女性は多い。
  • まずは価値観のすり合わせと歩み寄りが大切。
  • どうしても合わないと感じたら、別れを検討することが必要かも。

そもそも、価値観は人それぞれ。

育ってきた環境や性格自体も異なります。

だからこそ楽しいとも言えますが、価値観が合わないと辛いことも多いです。

せっかく出会えた二人ですから、なるだけ二人で幸せな関係を築いていきたいですよね。

彼氏との価値観の違いに悩んでいるのはみんな同じのようです。

できることから少しずつ試してみてくださいね。

白田なお
あなたも彼氏も、よりハッピーになれますように!

人気マッチングアプリおすすめ比較26選|1,000人の意見を集計してランキング化した結果【12月最新】
人気マッチングアプリおすすめ比較26選|1,000人の意見を集計してランキング化した結果【12月最新】
「恋人が欲しいけど全く出会いがない!」 そんな人におすすめなのがマッチングアプリ。 しかし、マッチングアプリの数が多すぎてどれを選べばいいか…

彼氏

この記事の監修者
首藤 こず恵M2W編集長

20代後半女性。結婚相談所サンマリエへの勤務経験を持つ。男女問わず数々の婚活の悩みを聞き、アドバイスをした経験から婚活全体の情報を婚活者側・運営側の両方の目線で発信中。