婚活パーティに初めて参加する前に知っておきたい5つのこと|元参加者の体験談

婚活パーティに初めて参加する前に知っておきたい5つのこと|元参加者の体験談
藤野 綾

この記事の案内人


30代後半の転勤族の妻。婚活パーティやお見合い、街コン・合コンなど100回以上を経て、理想の旦那と結婚。

初めて婚活パーティに参加するときってわからなすぎて変に緊張しちゃいますよね。

私も婚活パーティ初参加のときには、緊張して知っているはずの会場なのに道に迷い開始時間ギリギリの到着時間になったことがありました。

そこで、これから初めて婚活パーティに参加するアナタのために、元参加者の私が押さえておきたいことをマルッと解説します。

 

婚活パーティ初参加のときに覚えておきたいのは大きく分けて下の5つです。

①婚活パーティの服装について

②婚活パーティでの会話

③婚活パーティで相手を覚えておくには

④婚活パーティでの注意点

⑤カップリング後の対応について

 

これらをおさえて初めての婚活パーティで理想の相手とカップリングしちゃいましょう。

藤野綾
藤野綾
様々な婚活パーティを渡り歩いた私、藤野綾が解説します。
party☆party
party☆party
party☆party
運営会社
株式会社IBJ
参加者数
年間約70万人以上
料金
男性:3,000円円~7,000円/女性500円~5,000円
年齢層
男性:30代~40代/女性:20代~40代
男女比
男性52%
女性48%

婚活パーティの服装について

パーティの内容によってフォーマルかカジュアルか変えましょう。

基本はフォーマル寄りのカジュアル

 

男性はシャツにジャケットかカーディガン、パンツが多いです。

トレーナーやパーカーにジーンズだとカジュアルすぎるのでもう少しフォーマルな服装の方が婚活パーティには適しています。

婚活パーティの場がボウリングや山登りなどアクティブなものならトレーナーやパーカーでもありですが、一般的な婚活パーティではあまりカジュアルすぎる格好は見かけません。

 

女性は膝下丈のワンピースに寒ければカーディガンかジャケット、足元はストッキングが多いです。

膝上のスカートは男性にも女性にもあまり良い印象をもたれないので婚活パーティではできるだけ避けた方がいいかも・・・

また、私がかつて参加した婚活パーティにはドレスのような服を着て参加した人もいましたが、そこまで気合をいれなくても大丈夫なことがほとんど。

 

服装は指定がなければ上記の格好でOKですが、あまりにも婚活パーティの場にふさわしくない服は着ないほうがいいです。

ポイントは男性も女性もシワシワな服や汚れた服は避けること

可能ならパーティの前日に一度全身鏡で服装をあわせてみてシワの有無や汚れの有無を確認してみましょう。

藤野綾
藤野綾
男性女性ともにきれい目な格好をするのがベスト!

 

婚活パーティでの会話

 

笑顔でハキハキとしゃべりましょう。

婚活パーティの醍醐味はなんといっても一度で大勢の人と出会えること。

異性に覚えてもらうためにも会話は笑顔でハッキリと

 

内容も大事ですが、下を向いてボソボソ喋るのはいい印象を与えません。

婚活パーティでは自己紹介の場が設けられ、全員と話をする機会があります。

その後、フリータイムやマッチング(異性とのカップリングの時間)で異性の連絡先を教えてもらえることもありますが、重要なのは相手に好印象を与えること。

 

好印象を与えるには緊張している時間ももったいないので、日常会話からドンドン質問していきましょう。

婚活パーティではプロフィールカードという相手の情報が書かれた用紙をみながら話ができるので、それをもとに話をしていくといいです。

 

ただし、プロフィールカードばかりみていて会話がなかったという風にならないようにザッと見たらあとは相手の目を見て笑顔でハキハキとおしゃべりをしましょう。

緊張しているなら「実は今日参加したのが初めてで緊張しているんです。」と素直に伝えるのがベスト。

 

あくまで人と人の会話なのでずっと無言だけはやめましょう。

私も過去に相手が自己紹介中、無言で時間よ早く過ぎろと祈りながら一人喋ったこともあります。汗

相手が無言の場合は軽く自己紹介をして、質問しても無言なら体調が悪いかそういう性格の人なんだと割り切りましょう。

藤野綾
藤野綾
大人数との会話を楽しめるのも婚活パーティの醍醐味!

婚活パーティで相手を覚えておくには

全員を覚えている必要はありません。

一度で大勢の人と出会うので混乱してしまうこともありますが、大事なのは将来結婚するかもしれない相手を探しに来たということ。

なので「この相手となら長い間一緒にいれそう。」と思える相手のことだけきちんと覚えておきましょう

 

婚活パーティでは最後のマッチングの時間(異性とのカップリングタイム)や投票など番号で呼ばれることが多いです。

そのため、ある程度婚活パーティに慣れてきたら自己紹介中に相手の情報をメモするのがオススメです。

例、「1番:職業年齢差◯、見た目雰囲気◯、趣味カラオケ」

「2番:職業年齢差×、見た目雰囲気×」

「3番:職業年齢差◯、見た目雰囲気◎、フジロックいきたい」

◯や×で相手を評価するのは失礼ですが、相手にみられないようにコソッと自分だけのメモを残しておくと、後々どんな人かわかります。

 

趣味やいきたい場所を書いておくのは気になる異性だけで大丈夫です。

なぜ、趣味やいきたい場所も書いておいたのかというと、もし相手とうまくいった場合、デートに誘いやすかったり会話のきっかけになりやすいから。

うまくいったときのことも考えて今後のタネをまいておくのも一つの手ですよ。

藤野綾
藤野綾
気になる異性の番号だけはしっかり覚えましょう。

婚活パーティでの注意点

初めて参加する際に気をつけたほうがいいことがあります。

 

自分の身は自分で守りましょう

パーティは基本的に結婚したい男性女性が参加します。

しかし中には体目当ての参加だったり、お金目当ての参加者がいることも・・・

初めての参加の場合、見極めるのは大変ですが、いきなり個室の居酒屋やバーに誘ったり、自分の不幸な身の上話をしてくる人には注意をしましょう。

 

好みの人じゃなくても会話をしましょう

婚活パーティでは自己紹介タイムという全員と話をする機会があります。

好みの人じゃないから無視なんて大人気ないことはしないで!

参加者は意外に色々みています。

あなたの対応をみて「これはないな」と思う人もいるかも・・・

全員に同じ反応をする必要はないですが会話のキャッチボールはするよう心がけましょう。

 

気になる異性の番号はきちんと覚えていましょう

パーティは大抵、名前ではなく番号で呼ばれて進行していきます。

そのため、最終投票の時に「いいな。」と思った相手の番号がわかるようにメモにでも残しておきましょう。

第3位まで書けるので3人は覚えられるとベスト。

 

藤野綾
藤野綾
初めての婚活パーティに参加する場合の注意するのはこんな感じです。

続いて婚活パーティでうまくいった場合、気をつけてほしいことをお伝えしますね。

カップリング後の対応について

婚活パーティに参加している人でたまにいるのがカップリング=結婚と考えている人がいるということ。

それはありがたいですが、この先何年も何十年も一緒にいる相手を婚活パーティの短い時間で決めるのはなかなかリスクが高いです。

 

相手もすぐに結婚したいと思っているとしても、理想の流れは何度かデートにお誘いし、大丈夫そうなら交際スタート。

交際後、お互い結婚相手としてふさわしいと考えているようならプロポーズと段階を踏むのがいいでしょう。

 

くれぐれも「婚活パーティで相手とカップリングしたからすぐ結婚。」と考えず相手の気持ちも考えてあげてください。

 

一度に大勢の異性と出会える婚活パーティ。

大事なのは自分と将来をともに歩める相手をみつけること。

もし、初めての婚活パーティでうまくいかなかったとしても結婚を諦めるにはまだ早いです。

婚活パーティ以外にも出会いの場はあるんですよ。

藤野綾
藤野綾
相手の気持ちを思いやってステキな結婚をGETしてください!

 

婚活パーティと併用してオススメするもの

婚活アプリ、婚活サイトなども使って大勢の人との出会いを増やし結婚に結びつけましょう。

 

いまや、婚活アプリや婚活サイトで結婚相手をみつけるのはメジャーになってきました。

メリットはなんといっても条件や顔が最初にみれるということ。

婚活パーティでは条件や顔などが自分好みじゃなくても全員と話をする必要がありましたが、婚活アプリや婚活サイトではそれらの労力は使わずにすみます。

 

「じゃあ、婚活パーティなんて最初からいかなくてもいいよね。」なんて思わないでください。

婚活パーティでは実際に結婚したいと考えている大勢の相手に出会えるという貴重な場なんです。

もちろん、1回の参加で結婚相手をみつけるのがベスト。

結婚相手をみつけられなくても、結婚する上ではこういった考えや状況もあるのかと直面することがあります。

また、自分が思っている条件が追加されたり、減ったりと結婚についてより身近に感じられるのです。

 

結婚を身近に感じながら、婚活アプリや婚活サイトでも結婚相手を探すとより結婚への道も早くなりますよ

藤野綾
藤野綾
結婚への道は1つにしぼらなくてOK!

 

まとめ

この記事のまとめ

  • 初めての婚活パーティでは服装と無言にならないように気をつけよう。
  • 将来ともに歩みたいなと思った人の番号だけは忘れないように。
  • 婚活パーティでマッチングしたからといって即結婚ではない。

 

初めての婚活パーティ、緊張はすると思いますが将来自分が結婚するかもしれない相手と出会えると思うとワクワクもしますよね。

 

もし婚活パーティへ初めて参加して成果がみられなくても、自分が求める結婚相手や自分への課題がみつかるだけでも参加した甲斐はあります。

結婚相手の条件や自分の課題をもとに婚活アプリや婚活サイトも利用し、結婚相手をみつけることだって可能です。

 

せっかく参加する婚活パーティ、楽しんで将来の結婚相手を見つけてくださいね。

藤野綾
藤野綾
初めての婚活パーティがよりよいものになりますように。