マッチングアプリで他人の写真を使う人がいた!なりすましや無断使用された時の対処法

マッチングアプリで他人の写真を使う人がいた!なりすましや無断使用された時の対処法

マッチングアプリでは、プロフィールに拾い画や他人の写真を使い、「なりすまし」をしている人が稀にいます。

マッチングアプリでのなりすましは、ビデオ通話や実際に会わなければ気づくことができません。

この記事では、なぜ他人の写真を使うのかやその目的や拾い画の調べ方などを解説。

また、自分の写真が他人に使われたときの対処法も紹介します。

名前目的男性料金女性料金男性年齢層女性年齢層特徴総合評価口コミ平均リンク
ペアーズ
恋活
婚活
3,590円~
無料
20代~30代
20代~30代
  • マッチングアプリ利用率No,1。
  • 「コミュニティ」なら共通点や趣味で相手を探せる。
92点
3.5点
タップル
デート
恋活
3,700円~
無料
20代
20代
  • 毎月10,000人以上のカップルが誕生。
  • 理想のデートプランでマッチングできる。
89点
3.3点
with
恋活
3,600円~
無料
20代・30代
20代・30代
  • マッチングアプリ利用者増加率No1。(出典 SensorTower / 2022年度実績 主要マッチングアプリ5社比較)
  • 心理学を用いた独自の心理テスト、価値観診断から相性がいい相手を探せる。
87点
3.4点
首藤 こず恵
執筆者
M2W編集長

20代後半女性。結婚相談所サンマリエへの勤務経験を持つ。男女問わず数々の婚活の悩みを聞き、アドバイスをした経験から婚活全体の情報を婚活者側・運営側の両方の目線で発信中。

M2Wの記事は専門家の意見や利用者のインタビュー等をもとに、独自で作成しています。企業様より広告を出稿いただく場合もありますが、商品やサービスの評価やランキング、掲載内容に影響を及ぼすことはございません。
詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご確認ください。

そもそもマッチングアプリで他人の写真を使うのはアリ?

まず第一に、マッチングアプリで他人の写真を使うのはNGです。

アプリの規約違反に当たるため、運営側に通報された場合は、強制退会の対象となります。

また、本人の許可を得ずに写真を勝手に使ったり、拾い画を自分と偽って使ったりすることは、肖像権侵害に当たる恐れがあります。

法律に照らして違法と判断されたとしたら、勝手に写真を使った人に対して慰謝料を請求することもできます。

首藤
マッチングアプリでもし自分の写真を他人が使っているのを見つけたら、場合によっては訴訟を起こすこともできます。

マッチングアプリで他人の写真を使う目的

マッチングアプリで他人の写真を使う人は、以下の6つの目的が考えられます。

  1. 勧誘や金銭目的
  2. 個人情報の収集業者
  3. 自分に自信がない
  4. 異性と出会いたい
  5. 暇つぶし・冷やかし
  6. 浮気や相手の同時進行の調査

それぞれ詳しく紹介します。

勧誘や金銭目的

マッチングアプリを通じて出会った人に投資や宗教などの勧誘、金銭目的などで、他人の写真を使っている場合があります。

この場合は、多数の人とマッチングするために、イケメンや美人の写真を使っていることが多く、ほとんどが業者です。

投資や副業などお金の話題を出てきたり、他の有料サイトに誘導をしてきたりしたら注意しましょう。

「イケメン・美人とマッチングできた!」と浮かれていたら、実は業者だったというケースはよくあり、実際に被害に遭う人もいます。

個人情報の収集業者

マッチングアプリでLINEやSNSなどの個人情報を収集する業者も、他人の写真を使っていることがあります。

この場合も、拾い画のイケメンや美人の写真を登録しており、注意が必要です。

個人情報の収集業者は、早くLINEやSNSのIDを取得したいので、マッチングしてすぐに他のメッセージツールへの移行を希望します。

LINEに移行した途端、返信がこなくなるため、その時に業者やなりすましと気づくケースが多いです。

自分に自信がない

マッチングアプリでは、自分に自信がないため、他人の写真を使ってしまう人もいます。

写真の印象がいい人は、それだけでいいね!を多くもらうことができ、マッチングもしやすくなります。

しかし、自信がない人は本当の自分の姿を載せるとマッチングできないと考え、他人を写真を使う「写真詐欺」をしてマッチングしようとします。

写真交換や実際に会うことは、他人の写真を使っていたことがバレてしまうので、拒む傾向があります。

異性と出会いたい

マッチングアプリでどうしても異性と出会いたいため、印象の良い他人の写真を使っている人もいます。

この場合は、実際に会わなければ写真詐欺をしていたことに気づきません。

また、写真よりも印象の悪い人が待ち合わせ場所に現れることも多いので、出会い目的のなりすましは要注意です。

暇つぶし・冷やかし

マッチングアプリは、恋人や結婚相手などを探すためのツールです。

しかし、中には暇つぶしや冷やかしで使う人もおり、身バレ対策として他人の写真を利用することがあります。

また、芸能人の写真やイケメン・美人の写真を使うことによって、どれだけいいねやマッチングができるかを実験している場合もあります。

「マッチングしても連絡がない」「誹謗中傷のようなメッセージが送られてきた」という場合は、相手にせず、ブロックや通報をしましょう。

浮気調査

マッチングアプリでなりすましをする人に意外と多いのが、恋人の浮気調査です。

「恋人が登録していないか」「新たな出会いを求めていないか」などを調べる目的があります。

もし、実際に恋人が登録していたら、他人のフリをデートの約束をし、デート当日に真実を明かすのです。

しかし、恋人の監視をしたいからといって、他人の写真を使ってマッチングアプリに登録すると強制退会させられる場合があります。

マッチングアプリで他人の写真・なりすましの見極め方

どんな目的でも、マッチングアプリで他人の写真を使うことは、絶対にNGです。

なりすましとは気づかずにやり取りをしたり、LINE交換をしたりすると、トラブルに巻き込まれることもあります。

そこで、マッチングアプリで他人の写真を使っている人を見抜くためには、以下の3つの方法があります。

  • 画像検索をする
  • ビデオ通話に誘う
  • sirocroで検索する

画像検索をする

マッチングアプリの写真に違和感を感じたら、画像検索をしましょう。

画像検索の流れ

  1. 写真をスクリーンショットする
  2. Google画像検索を開く
  3. 検索窓のカメラマークをタップして画像をアップロードする

検索した画像が拾い画であれば、同じ写真が検索結果に表示されます。

ただし、Google上に検索したい写真の情報がない場合や芸能人の写真を使っている場合は、検索しても分からない可能性があります。

ビデオ通話に誘う

なりすましかもしれないと思ったら、ビデオ通話に誘ってみましょう。

もし、相手が他人の写真を使ってなりしましている場合は、身バレするので断ってくるはずです。

また、デート前にプロフィール写真と同じ人が来てくれるか不安な人も、ビデオ通話を提案してみましょう。

デートで初めて顔合わせするよりも事前に通話することで、緊張も解れます。

sirocroで検索する

マッチングアプリで出会った悪質ユーザーを共有できるアプリ「sirocro」で検索するのもおすすめです。

sirocroは、プロフィール詐称を行っている人のレビューを事前に確認することができます。

もし、マッチングした人が悪質ユーザーとして報告されている場合は、やり取りをやめましょう。

また、レビューの投稿もできるため、他人の写真を使っている人と出会ったときは、sirocroで情報共有をしましょう。

あなたからの共有が役立つ

マッチングアプリにいる悪質ユーザーをみんなで共有しよう

マッチングアプリでなりすましを見つけた時の対処法

マッチングアプリで他人の写真を使い、なりすましをしている人を見つけたら、「ブロックと運営側への通報」を行いましょう。

運営側が、その通報を受けて対象のユーザーについて調査し、注意や強制退会などの対応をしてくれます。

マッチングアプリにいる悪質ユーザーを排除するためには、優良ユーザーの協力が必要不可欠です。

自分の写真が使われていた時の対処法

マッチングアプリで自分の写真が使われていた時の対処法は、以下の2つです。

  • ブロックせずに運営側へ通報する
  • 警察や弁護士に相談する

ブロックせずに運営側へ通報する

自分の写真が使われていた場合は、ブロックはせずに運営側へ通報をしましょう。

ブロックしてしまうと、写真変更や強制退会を確認することができません。

運営側が対処してくれたことを、自分の目で確かめるためにも通報だけするのがおすすめです。

警察や弁護士に相談する

運営側への通報と同時に、場合によっては警察や弁護士に相談するのもおすすめです。

このようなトラブルの場合は、個人で対応することが難しいため、専門機関に協力してもらいましょう。

相談するときは、証拠として相手の写真ややり取りをスクリーンショットしておくとスムーズに対処してくれます。

まとめ

この記事のまとめ

  • マッチングアプリは、他人の写真を使って登録したり、出会ったりすることは禁止事項である。
  • なりすましをする目的は、業者や自信の無さ、暇つぶしなどがある。
  • 他人の写真の見極め方は、画像検索やビデオ通話、sirocroでの検索を行う。
  • 他人の写真を使っている人に出会ったら、ブロックと運営側への通報をする。
  • もし、自分の写真が使われていたら、ブロックはせずに運営側へ通報する。

マッチングアプリで、他人の写真を使うことはNGです。

しかし、勧誘業者や自分に自信がない人、暇つぶしなどの理由で、他人の写真を使っている人がいます。

このような人を見つけたら、ブロックや通報をしましょう。

また、あなたの写真を使ってなりすましている人を見つけたら、専門機関に相談することも検討しましょう。

首藤
マッチングアプリにいる悪質ユーザーを見つけたら、sirocroでの共有も忘れずに!

あなたからの共有が役立つ

マッチングアプリにいる悪質ユーザーをみんなで共有しよう

悪質ユーザーかも?と思ったら検索できる

sirocro

sirocroは、マッチングサービスに潜む悪質ユーザーを投稿・検索できるアプリ。マッチングした相手をsirocroで検索すると、他のsirocroユーザーによって投稿されたレビューを確認することができます。もし、sirocroに掲載されていたらその人物は悪質ユーザーの可能性大。

 

現在、sirocroはiPhoneユーザーのみ使用可能。今後、Androidやweb版での利用も可能となります。無料会員でも利用できますが、sirocroの全てのサービスを利用するなら、有料会員になるのがおすすめです。月500円で利用できます。

 

「悪質ユーザーに出会いたくない」「できるだけリスクを減らしたい」と思っている人におすすめのアプリです。