結婚する意味とは?夫婦になる理由と結婚するメリットを解説!

生まれも育ちも全く違う他人が、夫婦となって一緒に人生を歩む決意をする「結婚」。

この結婚には、今後の人生においてどのような意味をもたらすのでしょうか?

この記事では、結婚する意味や結婚のメリットなどを解説。

あやの
結婚に憧れている人も、そうでない人も、今一度「結婚する」ことについて考えてみましょう。

名前目的男性料金女性料金男性年齢層女性年齢層特徴総合評価口コミ平均リンク
ペアーズ
恋活
婚活
3,590円~
無料
20代~30代
20代~30代
  • マッチングアプリ利用率No,1。
  • 「コミュニティ」なら共通点や趣味で相手を探せる。
92点
3.4点
タップル
デート
恋活
3,700円~
無料
20代
20代
  • 毎月10,000人以上のカップルが誕生。
  • 理想のデートプランでマッチングできる。
89点
3.2点
with
恋活
3,600円~
無料
20代
20代
  • マッチングアプリ満足度No1。
  • 心理学を用いた独自の心理テスト、性格診断から相性がいい相手を探せる。
87点
3.3点
この記事を書いた人
あやの

アラサー都内OL。副業ライター。興味本位で行った結婚相談所で興味を惹かれその場で入会。1ヶ月後に出会った男性と意気投合しお付き合い後、半年後に成婚退会。

そもそも結婚とは?

ブーケを眺めるカップル

そもそも結婚とはどういうものなのでしょうか。

結婚観の変化も含め解説します。

結婚の定義

結婚とは、正式に「婚姻」という言葉で以下のように定義されています。

「婚姻の定義」

婚姻(こんいん)は、「夫婦となること」「社会的に承認された夫と妻の結合」という配偶関係の締結を意味する「結婚」の意味以外にも、配偶関係の状態の意味も含めて指している言葉である。

引用:結婚 – 結婚の概要 – わかりやすく解説 Weblio辞書

つまり、結婚とは社会的・法的に夫婦と認められる状態のことを指します。

離れて暮らしていても、結婚していれば配偶関係とみなされます。

結婚観はどのように変わった?

結婚観とは、「結婚への願望」「結婚したい異性」「結婚したい年齢」など結婚全体への価値観を指します。

そして、昨今の結婚観は「結婚はしたい人がするもの」と考える人が増えています。

あやの
その背景には、次のようなものがあります。

  • 安心した場所が欲しい
  • 家族が欲しい
  • 精神的な安心が欲しい

結婚する人は、経済的・社会的ステータスよりも、精神的な安定を求めています。

そして、一人ひとりが自立できるようになり、結婚しなくても生きていける時代です。

また、結婚後は引っ越しや結婚式など、何かとお金がかかります。

収入が少ない・年収が上がらないなど経済的な問題があり、「あえて結婚しない」人も増えているのが現状です。

あやの
結婚する人が減っていることが、少子化問題にも影響しています。

結婚する意味が分からないと思う人が増えた理由

結婚する意味が分からないと思う人が増えた理由

「結婚する意味が分からない」と思う人もいるのではないでしょうか?

その背景には、どんな理由があるのか紹介します。

一人でも楽しめる趣味が増えた

今の時代、一人で楽しめる趣味がたくさんあります。

「ソロ」という言葉が目立つように、一人でも充実できる趣味が目立つようになりました。

つまり、夫婦になってまで一緒に趣味を楽しまなくても全く問題ないという人が増えたのです。

その裏には、「誰かと一緒に活動するのは面倒」「協力するのが怖い」という気持ちも潜んでいます。

両親の不仲を見て結婚への憧れがなくなった

結婚の最大のモデルは、両親です。

しかし、その両親の仲が悪いと「結婚してもお互いが辛いだけ」と思い、結婚への憧れがなくなってしまいます。

結婚に対する恐怖心が生まれ、結婚を望まなくなるのです。

あやの
「結婚=幸せ」と思えないのです。

結婚することが当たり前ではなくなった

一昔前は、「結婚して当たり前」という価値観が一般的でした。

しかし、その価値観が崩れて「結婚することが当たり前ではない」という価値観を持つ人が増えました。

結婚しなくても幸せになれるシステムが増えたほか、「結婚しない方が幸せかも」という思う人が増えたことも影響しています。

あやの
生涯一度も結婚しない人も増えています。

結婚するメリット

ウェディングブーケを持つ女性

結婚することには、どんなメリットがあるのでしょうか。

結婚するのが当たり前ではなくなった今、もう一度、結婚に伴うメリットについて考えてみましょう。

愛する人と一緒になれる

結婚の一番のメリットは、好きな人と一緒になれることです。

帰る家も一緒になり、同じ時間を過ごすことが増えるのは幸せなことですよね。

これは、結婚の醍醐味と言えるでしょう。

最近は別居婚もありますが、社会的に好きな人と「夫婦」として認められることは、結婚の最たる喜びだと言えます。

子どもや義両親など家族が増える

結婚すると子供をつくることができます。

さらには、義両親や義兄弟などの親戚が増えるメリットも。

今まで、両親や兄弟しか家族がいなかったのに、結婚することによって家族が増えるのは大変なことも多いです。

しかし、これまで関わってこなかった人と出会えたり、子供を育てたりと、結婚することで人との関わりが増えて自分の人生観を大きく変えてくれます。

精神的な安定を得られる

結婚相手がいれば、支え合える精神的な安定を得ることができます。

苦しい時や辛い時に孤独ではないのは、結婚生活のメリットと言えるでしょう。

嬉しいことを話せたり、何かを分かち合ったりする喜びも心の安定につながります。

あやの
苦しい時に支えてくれる彼の存在は、私の精神的支柱です。

「既婚」というステータスが得られる

「既婚」というステータスは、社会的にも自立している証になります。

経済的にも精神的にも、安定している印象を周囲にもたらすからです。

「ひとつの家族を持っている」という責任感がある点でも、既婚のステータスはとても大きいものだと言えます。

人生全般に安心感をもたらす

配偶者がいると、何かと助け合ったり協力したり安心できる場面が増えます。

困った時や悩んだ時も二人で相談し、支え合えるからです。

さらに結婚している人は、経済的にも精神的にも安定している印象をもたらすので、周囲からの視線も安定するケースも。

「既婚」のステータスがもたらす安心感のメリットも含まれます。

あやの
相手にも安心感を与えられるような配偶者になれるような努力も必要です。

恋人と夫婦の違いとは?

恋人と夫婦の違いとは?

お互い愛し合っているのは同じなのに、恋人と夫婦の違いは一体何なのでしょうか?

結婚するとどのような変化があるのか解説します。

法的に結ばれる

「結婚」とは、法的に結ばれることを指します。

一方、恋人はお互いの同意にだけ基づいて一緒にいる状態です。

結婚は、法律で夫婦と定められている状態を指しており、社会的な責任が伴います。

例えば、年金や社会保険の控除額、苗字の変更など、お互いの同意だけでは決めることのできない「社会的な制約」も伴うのが、夫婦の特徴と言えるでしょう。

子どもを作れる

結婚すると子どもを作れます。

民法上、結婚していれば父母が親権を持つことができます。

したがって、社会的に「子どもを育てることができる」とみなされるのです。

成人でも、結婚していないと経済的基盤がないとみなされるケースが多いので、子どもは作ってはいけないという暗黙のルールが未だに存在します。

結婚する前に子どもを作るのは、法律的に「ダメ」だとは決まっていません。

あやの
しかし、養育の責任が問われるので一般的に「間違っていること」だと認識されてしまうのです。

相手への責任が大きくなる

恋人は両想いの状態だけで一緒にいるのを指しますが、結婚は法的に結ばれた関係なので責任が大きくなります。

例えば、税金や保険を含む経済的な責任や子どもができれば養育の責任も生じます。

このように、結婚すると相手への責任が大きくなり、社会へ果たすべき義務も生じてくるため、簡単にお別れできない重みもあるのです。

結婚したいと少しでも思ったら

結婚したいと少しでも思ったら

結婚に伴う責任は大きいですが、メリットも多く「人生の幸せな出来事」だと言えます。

少しでも結婚したいと思ったら、相手探しをするのはいかがでしょうか?

あやの
のんびりと自分のペースで相手を探したい人は「マッチングアプリ」、短期間・1年以内に結婚したい人は「結婚相談所」がおすすめですよ。

人気マッチングアプリおすすめ比較26選|1,000人の意見を集計してランキング化した結果【12月最新】
人気マッチングアプリおすすめ比較26選|1,000人の意見を集計してランキング化した結果【12月最新】
「恋人が欲しいけど全く出会いがない!」 そんな人におすすめなのがマッチングアプリ。 しかし、マッチングアプリの数が多すぎてどれを選べばいいか…
結婚相談所おすすめランキング13選|比較表&診断ツールでサクッと解決!【12月最新】
結婚相談所おすすめランキング13選|比較表&診断ツールでサクッと解決!【12月最新】
新しい出会いが欲しい人や真剣に婚活したい人にとって、結婚相談所は婚活の手段の一つです。 入会を考えている人もいるのではないでしょうか? しか…

まとめ

この記事のまとめ

  • 年々、結婚観は変化しているが結婚のメリットはあまり変わっていない。
  • 結婚する意味の最たるものは「好きな人と一緒にいられること」だが、最近は別居婚や事実婚も多い。
  • 恋人と夫婦は社会的に異なり、法律上「夫婦」と認められたカップルには大きな責任が生じる。

今や、結婚以外にも自分を幸せにできることが沢山ある時代です。

しかし、結婚は今の幸せな人生をさらに幸せにしてくれる一つの要素でもあります。

結婚に対してネガティブな印象を持っている人もいるかと思いますが、幸せな結婚生活になるかどうかは相手次第ではなく、「自分次第」です。

自分自身を幸せにするためにも、最適な人生の選択をしていきましょう。

あやの
少しでも結婚したいと思ったら、自分から出会いを求めて素敵な人を見つけてくださいね。